ホーム: ホーム >> 製品 >> メディア・コンバータ >>シリアル-光ファイバ・コンバータ >> ICF-1150 シリーズ

ICF-1150 シリーズ

産業用シリアル-光ファイバ・コンバータ

特徴

 

機能と利点

› RS-232、光ファイバ、RS-422/485の3ウェイ通信
› ロータリースイッチにより異なるプルアップ/プルダウン抵抗の切り替え
› RS-232/422/485通信の延長 :
  · 40 km (シングル?モード )
  · 5 km (マルチ?モード )
› 3ウェイ?ガルバニック絶縁(「 I 」モデルのみ)
› -40~85℃の広範動作温度対応モデルも用意
› C1D2, ATEX, and IECEx 認証


3ウェイ通信

 

ICF-1150シリーズはRS-232通信用D-subコネクタとRS-422またはRS-485通信用着脱式ターミナル?ブロックを備えた2つのシリアル?ポートを装備しています。3つのポート(2つのシリアル?ポートと1つの光ファイバ?ポート)は完全に独立しています。ICF-1150コンバータは1つのポートでデータを受信すると、他の2つのポートからデータを送信します。例えば、ICF-1150は光ファイバ?ポートでリモート?マスタからのコマンドを受信すると、信号を変換して、RS-232ポートとRS-422/485ポートからコマンドを同時に送信します。RS-485ネットワーク上で動作しているシステムをモニタする場合、RS-232-RS-485コンバータを追加して、ノートパソコンのシリアル?ポートをRS-485バスに接続する必要はありません。.

 

プル?アップ/ダウン抵抗設定用回転スイッチ

 

RS-485インタフェースは、メーターやRTUやリーダなどのシリアル装置を同一のバスに接続するのに使用されるマルチ?ドロップ接続またはデイジー?チェーン接続に対応しています。同じバス上に多数のシリアル装置が存在すると、データ回線のインピーダンスが増加する原因となるので、ICF-1150を使ってプル?アップ/ダウン抵抗を調整できます。スイッチを回すだけで、ICF-1150をDINレールから取り外さずに適切な値を設定できます。

 

 

 

 

 

© 2020 Moxa Inc. All rights reserved.