ホーム: ホーム >> 製品 >> 産業用イーサネット・スイッチ >>DINレール・アンマネージド・イーサネット・スイッチ >> EDS-2018-MLシリーズ

EDS-2018-MLシリーズ

16+2Gポートギガビットアンマネージドイーサネットスイッチ

特徴
  • 高帯域幅データ集約のための柔軟なインターフェース設計を備えた2ギガビットアップリンク
  • QoSをサポートするため、大量のトラフィックで重要なデータを処理できる
  • 電源障害およびポート破損アラームのリレー出力警告
  • IP30金属ハウジング
  • 冗長デュアル12/24/48 VDC電源入力
  • -40〜75°Cの広動作温度範囲(-Tモデル)

紹介

産業用イーサネットスイッチのEDS-2018-MLシリーズには、16個の10/100M銅線ポートと2個の10/100/1000BaseT(X)または100/1000BaseSFPコンボポートがあり、高帯域幅のデータ収束を必要とするアプリケーションに最適です。さらに、さまざまな業界のアプリケーションで使用する汎用性を高めるため、EDS-2018-MLシリーズでは、ユーザーはサービス品質(QoS, Quality of Service)機能、ブロードキャストストーム保護、そして外部パネルにあるDIPスイッチによるポート破損アラーム機能を有効または無效にすることができます。

EDS-2018-MLシリーズには、12/24/48 VDC冗長電源入力、DINレールの取り付け、および高レベルEMI/EMC機能があります。EDS-2018-MLシリーズは、コンパクトなサイズに加えて、100%バーンインテストに合格しており、現場で確実に動作できることを確保します。EDS-2018-MLシリーズには、-10〜60°Cの標準動作温度範囲をサポートし、ワイド温度(-40〜75°C)モデルも利用できます。

© 2021 Moxa Inc. All rights reserved.