ホーム: ホーム >> ニュース&イベント >> ニュース

統一ブランドを強調するMoxaの最新「グリーン・コア」デザイン

2014年3月13日、カリフォルニア州、ブレア — Moxaの最新の「グリーン?コア(Green Core)」製品には、Moxaブランドを強調し、他社製品との差別化に役立つMoxaのコーポレート?カラーである特別な青緑色が採用されています。「グリーン?コア」デザインは、Moxaブランドの「信頼できるネットワーク、誠実なサービス」のモットーに基づいた「 シンプリシティ、堅牢性、ユーザー主体の体験」という3つの設計コンセプトを強調しています。「グリーン?コア」デザインの発表は、Moxaブランドに磨きをかけ、お客様とのより強いつながりを構築するための大きな一歩です。今後は、すべての新製品がグリーン?コア?デザインを導入し、既存の製品も2015年末までに同デザインへの移行を終える予定です。

グローバル?マーケット担当副社長のジョン?イェランド(John Yelland)はこう述べています。「統一したブランド?イメージを表現することは、Moxaが産業用自動化の世界的リーダーとしてのブランドを確立してきた努力以上に重要である。新しいグリーン?コア?デザインはMoxaのアイデンティティだけでなく、産業用自動化におけるMoxaの役割も明らかにする。」

グリーン?コアの「グリーン」はMoxaのコーポレート?カラーなので、お客様はMoxa製品であることを容易に理解できます。また、Moxaが自然を大事に、環境に配慮を払っており、信頼と誠意というモットーに従っていることを表します。グリーン?コアの「コア」は、自動化統合のトレンドをリードするネットワーク?ソリューション?プロバイダとしてのMoxa独自の価値を象徴しています。「グリーン?コア?デザインはこうしたコンセプトをヒントに生まれた」と、イェランドは付け加えています。

シンプリシティ、堅牢性、ユーザー主体の体験
「シンプリシティ、堅牢性、ユーザー主体の体験」というグリーン?コア?デザインの3つのコンセプトには、「信頼できるネットワーク、誠実なサービス」というMoxaブランドのモットーが反映されています。この新しいデザインは、機能性、ユーザー?インタフェース、部品品質、さらにはパッケージの向上を目指すMoxaの決意を強調しています。ユーザーはなめらかな統一デザインにより製品が最適化されていることを体験できます。グリーン?コア?デザインは、ユーザー主体のイノベーションを目指し、お客様の問題を解決するソリューションを提供し続けるMoxaの決意も表現しています。イェランドはこう結んでいます。「Moxaは今後も、お客様のニーズに対応するだけでなく、お客様の期待を超えられるよう努力を継続する。これこそMoxaが提供したいと考えている『グリーン?コア体験』である。」

既存製品については、ネームプレートを使って統一のブランド?イメージを提供する予定です。2014年5月から新しいグリーン?デザインへの移行を開始し、2015年末にはすべての既存製品の移行が完了することになっています。

「信頼できるネットワーク、誠実なサービス」というMoxaブランドのモットーおよびグリーン?コア製品デザインのコンセプトの詳細については、以下のWebページを参照してください:
https://www.moxa.com/about/brand_promise.aspx
https://www.moxa.com/about/green_core.aspx

Moxaについて
Moxaでは産業オートメーション用ネットワーク製品を製造しています。産業用組込みコンピュータ、産業用イーサネット・スイッチ、シリアル・デバイス・サーバ、マルチポート・シリアル・カード、組込みデバイス・サーバ、リモートI/Oソリューションを含むすべてのMoxa製品に関する情報は、以下の Moxa企業サイトに掲載されています : japan.moxa.com または、eメール(japan@moxa.com)か電話(+886-2-8919-1230)で直接お問い合わせください。

[プレス・リリースに戻る ]

ニュース&イベント
© 2020 Moxa Inc. All rights reserved.