ホーム: ホーム >> 製品 >> RCoreソフトウェア >> Moxa Device Manager

Moxa Device Manager

Moxa組込みコンピュータの自由な管理

特徴

 特徴

 

遠隔制御管理

  • Moxaの全組込みコンピュータおよびすべてのオペレーティング・システム(Linux、CE、XPe)に対応
  • インターネットを使ったリモート・デバイスの制御および監視
  • 同一サブネット内のMoxa組込みコンピュータのブロードキャスト検索
  • デバイス・ステータスの迅速な入手
  • イン・ページ上に全デバイスのシステム情報(IP、型番、製品画像、ファームウェア・バージョン、OS、ホスト名、CPUの種類、メモリ情報、ストレージ情報)をすべて表示

 

コマンド・ラインによる自由な設定およびメンテナンス

  • 起動時にプログラムを自動実行
  • ファームウェアの更新,やファイルのアップロードを含む1対多のファイル転送
  • 遠隔ファイル・システム管理の実行
    • ファイルのダウンロード/アップロード
    • ファイル名やディレクトリ名の変更
    • ファイルの実行/削除
    • ディレクトリの作成
    • ディレクトリ内のファイル・リストの入手
    • ファイル・モードの変更(Linuxのみ)
  • リモート・プログラムの監視とプロセス制御
  • 遠隔システム管理
    • ネットワーク設定可能
    • 起動時にプログラムを自動実行
    • システム時間の設定
    • デバイスの再起動

 

ユーザー・フレンドリーなGUI

  • 使いやすいグラフィック・ユーザー・インタフェースで、リモート・デバイスの「クリック操作」管理機能を提供
  • フレンドリーなWindowsベース・ユーティリティで容易な設定が可能

  

容易なインストールと設定

  • 組込みコンピュータ上で実行されるMDM Agentプログラムをブート時に自動起動可能
  • MDM ToolとGatewayはWindows XPを実行しているどんなPCにもインストール可能

 

システム要件

  • Software Requirements
    ›› Operating Systems: Windows XP (MDM Tool and MDM Gateway only)
  • Hardware Requirements
    ›› CPU: Intel Pentium 4 processor or higher (MDM Tool and MDM Gateway only)
    ›› RAM: 1 GB
    ›› Gateway: 512 MB (MDM Tool and MDM Gateway only)

 

 無料ダウンロード情報

Moxa Device ManagerにはMDM Agent、MDM Tool,、MDM Gatewayが同梱されています。(パッケージはMoxaのホームページのサポート/ソフトウェアのセクションからダウンロードできます。)

 

 


 

製品紹介

Moxa Device Manager(以下、MDM)はインターネットからMoxaのレディ・ツー・ラン組込みコンピュータを管理するのに便利なリモート管理ツールです。Moxaの組込みコンピュータはオンサイトのデータ収集および産業用コントロール・アプリケーションに使用できるリモート・サイトの優れたフロント・エンド・コンピュータとなります。簡単に言えば、MDMはシステム管理者が遠隔地の組込みコンピュータを管理するのを容易にします。

 

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.