ホーム: ホーム >> 製品 >> モジュラー型RTUコントローラ >>制御システム >> ioPAC 8600シリーズ拡張モジュール

ioPAC 8600シリーズ拡張モジュール

ioPAC 8600シリーズ用モジュール型プログラマブルコントローラ用I/Oモジュール

特徴

機能とメリット

  • 86M-1620D-T:16系統のデジタル入力、24~110 VDC、チャネルLED、シンクタイプ
  • 86M-1832D-T:各チャネル間がアイソレートされた8チャネルのDI、24 VDC、チャネルLED、シンク/ソースタイプ
  • 86M-2604D-T:6系統のリレー出力、チャネルLED、形状 A(N.O.)タイプ
  • 86M-2830D-T:各チャネル間がアイソレートされた8チャネルのDO、24 VDC、チャネルLED、シンクタイプ
  • 86M-4420-T:4系統のアナログ出力(0~10 Vまたは-10~10 Vまたは0~20 mAまたは4~20 mA)
  • 86M-5212U-T:2ポート2線イーサネットスイッチ
  • 86M-5250-T:2系統のCANポート、チャネルLED

製品紹介

チャネル間がアイソレートされたDI、チャネル間がアイソレートされたDO、リレー、およびAOを装備したMoxaの86Mシリーズモジュールは、ioPAC 8600シリーズ用に追加のI/Oオプションを提供します。85Mモジュールと組み合わせることで必要なオプションが利用できるようになり、ユーザーは目的のアプリケーションに合った最適なI/Oの組み合わせを選択できるようになりました。すべての86Mモジュールは、鉄道産業アプリケーション向けに設計され、EN 50121-3-2、EN 50121-4およびEN 50155に準拠しています。加えて、本モジュールは-40~75°Cの幅広い動作温度範囲に対応しています。 
© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.