ホーム: ホーム >> 製品 >> モジュラー型RTUコントローラ >>制御システム >> ioPAC 8020-C

ioPAC 8020-C

特徴

 

特徴およびメリット

  • EN 50121-3-2、EN 50121-4およびEN 50155の主要セクションに適合
  • C/C++のプログラミング言語に対応
  • バイパス機能対応デイジー・チェーン・トポロジー向け2ポート・イーサネット・スイッチ
  • モジュラー型I/Oで優れた多機能性、柔軟性、拡張性を提供
  • 過酷な環境に対応した堅牢でコンパクトなデザイン
  • -40~75℃の広範な動作時温度に対応
  • 3-in-1 RS-232/422/485シリアル・ポート搭載
  • 最大32GBのSDHCデータ・ロギング機能をサポート

製品紹介

耐久性と信頼性に優れたioPAC 8020-Cモジュラー型RTUコントローラは鉄道車両および沿線アプリケーションに最適なソリューションです。同シリーズは-40~75℃の広範な温度範囲で使用可能で、シールド金属ケースを採用し、EN 50121-3-2、EN 50121-4、およびEN 50155耐振動規格の主要項目に適合しています。さらに、ioPAC 8020-Cはデータ収集や環境監視に対応したLinux/GNUプラットフォームを提供します。このオープンなCプラットフォームの主なメリットはその使いやすいSDKで、I/O制御や環境監視、SCADA/DBとの相互運用性、高度な通信制御といった重要な分野でプログラミングの負担を削減することで設置や設定のための時間や費用を節約するのに役立ちます。
 
ioPAC -8020-Cは、オープンなイーサネット規格とデイジー・チェーン構造に対応した制御ネットワークの構築に便利なイーサネット・スイッチ・ポートを備えています。また、デュアル電源入力を内蔵しているので、コントローラへのノンストップのデータ送信と制御ネットワーク上の連続した通信管理が保証されます。鉄道関連アプリケーションの振動の多い環境では、スプリング式の端子台とオプションのM12イーサネット・コネクタが信頼できる動作を確保するのに役立ちます。最後に、多様なホットスワップ対応のI/Oおよび通信モジュールが選択可能なので、デバイス・アプリケーションのどんな組み合わせにも対応できます。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.