ホーム: ホーム >> 製品 >> マイクロRTUコントローラ >>イーサネット・マイクロRTUコントローラ >> ioLogik 2512

ioLogik 2512

Click&Go Plus、8点DI、8点DI/O搭載イーサネット・リモートI/O

特徴

  • 強力なフロントエンド・インテリジェント機能を提供する最新のClick&Go Plusロジックに対応
  • イーサネット・デバイス接続用4ポート・アンマネージド・スイッチ内蔵
  • 最適化対応I/O拡張ポートで最大8台のioLogik E1200機器がデイジー・チェーン接続可能
  • フィールド・デバイス接続用シリアル・ポート(RS-232/422/485)x 2
  • FTPサーバおよび最大32GBのmicroSD™カードに対応したデータ・ロガー内蔵
  • Modbus RTUをModbus TCPまたはアクティブ・タグに変換可能
  • 特許取得済みMX-AOPC UAとのアクティブな通信に対応
  • 電子メール、SNMPトラップ、TCP、UDPによる高度なアラーム管理
  • -40~75℃の広範な動作時温度に対応

製品紹介

ioLogik 2500はユニークなハードウェアおよびソフトウェア設計を採用したスマートなリモートI/O製品で、広範な産業用データ収集アプリケーションに最適なソリューションとなっています。ioLogik 2500のハードウェア設計には、ioLogik 2500と様々なフィールド・デバイスとのシームレスな接続を可能にする4ポート・アンマネージド・イーサネット・スイッチおよび2つのシリアル・ポートが含まれています。イーサネット・ポートの1つは最大8台のioLogik E1200拡張モジュールをデイジー・チェーン接続して、100以上のチャンネルを提供するのに使用できます。ioLogik 2500は「ヘッド」ユニットとして機能し、Click&Go Plusロジックを使用して、I/Oアレイ全体を制御できます。最も重要なこととして、I/Oアレイ全体をネットワークに接続にするのに必要なのはioLogik 2500の1つのIPだけなので、ioLogik 2500はIPアドレスの数が足りない産業用フィールド・サイトの最適なソリューションとなります。

最新のClick&Go Plus™による強力なコントロール・ロジック

最新のClick&Go Plus™コントロール・ロジックは8つの条件/アクションにアップグレード可能な最大48のルールに対応するようになりました。また、そのグラフィカル・ユーザー・インタフェースは3つのロジック・ゲートと3つのマルチ・レイヤを提供し、よりパワフルで効率的なIOソリューションを構築するのに役立ちます。Click&Go Plus™ロジックのルールを設定すると、IOxpressの便利なシミュレーション機能を使って、Click&Go Plus™のルールの潜在的エラーを検出してからオンラインのデバイスにアップロードできます。産業用アプリケーションではピア・ツー・ピア(P2P)モードが広く採用されています。
これまでは接続の両端でP2Pデバイスを使用する必要がありました。しかし、P2Pデバイス同士の設定が異なると、P2P接続は切断され、P2P設定の確認のに多くの時間と労力が求められました。IOxpressを使えば、出力デバイスを設定するだけで、P2P接続を自動的に確立できるようになります。

1つのIPだけ多数のI/Oを追加できるよりスマートなデータ収集ソリューション

ioLogik 2500はユニークなIO拡張用ハードウェア設計を採用しており、最大8台のioLogik E1200モジュールを使って、100以上の異なるI/Oチェンネルを備えた多機能なI/Oアレイを提供できます。ioLogik 2500は完全な「ヘッド」ユニットとして機能し、Click&Go Plusロジックを使ってI/Oアレイ全体を制御するだけでなく、1つのIPを使ってI/Oアレイ全体をネットワークに接続できます。

オフライン/オンライン設定でデバイス管理を容易にするユーザー・フレンドリーなIOxpress

IOxpressはオンライン/オフライン設定機能をユーザー・フレンドリーなインタフェースに統合し、オフラインですべてのI/Oパラメータを設定してから、設定をオンラインのデバイスにアップロードできるので、IOの管理および設定に必要な時間と費用を大幅に削減できます。

強力なデータロガーと高付加価値のMODBUSゲートウェイ

ioLogik 2500は最大容量32GBのマイクロSDカードに対応しており、ioLogikは貴重なデータを保存する強力なデータロガーとなります。また、FTPサーバ機能が内蔵されているので、遠隔地の様々なシステムからフィールド・サイトの重要なデータにアクセスできます。されに、2つのシリアル通信ポートは、Modbus RTUプロトコルを使ってデバイスのデータを入力後、データをModbus TCPまたはAOPCタグ形式に変換してから、イーサネット・ネットワークを使って外部に送信するのに使用できます。

システム応答時間を効率的に短縮する最新のMX-AOPC UAサーバ

最新のMX-AOPC UAはUAサーバとDAサーバの両方に対応しています。MX-AOPC UAサーバには多数の利点があります。UAサーバはシステムの安全性を確保する最新の標準セキュリティ・モデルを提供し、標準のUA TCPポートを使った通信チャンネルに対応しています。これにより、サードパーティ製のプロキシを使ってメモリをリレーできます。また、ファームウェアを通常よりも容易に設定できるので、DCOM設定を懸念する必要はありません。
さらに、MX-AOPCは通常のModbusプロトコルと特許取得済みMoxaのプッシュ・タイプの両方の通信に対応しています。通常のパッシブな「プル」方式とは異なり、I/Oステータスが変化した場合や設定済みイベントが発生した場合、「アクティブな」メッセージはioLogik 2500からSCADAシステムに自動的に「プッシュ」されます。こうして、情報はSCADAシステムに正確かつ効率的にプッシュされ、いつでも利用できるようになります。

Other Manuals for ioLogik 2500:

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.