ホーム: ホーム >> 製品 >> マイクロRTUコントローラ >>イーサネット・マイクロRTUコントローラ >> ioLogik E2240

ioLogik E2240

8点アナログ入力および2点アナログ出力搭載アクティブ・イーサネットI/O

特徴

 

メモ: ioLogikシリーズには2014年5月1日からグリーン・コア製品が導入されます。製品移行期間中は、以前のパネル・デザインを採用した製品も注文できます。Moxaのグリーン・コア製品移行に関する詳しい情報についてはここをクリックしてください。

特徴およびメリット

 

  • 特許取得済みActive OPC Serverとのアクティブな通信
  • eメール、SNMPトラップ、TCP、UDPによる高度なアラーム管理
  • SNMPv1/v2c/v3プロトコル対応
  • 時間と配線費用を節約するピア・ツー・ピア通信
  • 最大24のルールに対応した特許取得済みClick&Goコントロール・ロジックによるフロントエンドのインテリジェンスを提供
  • Webブラウザによるフレンドリーな設定が可能

製品紹介

MoxaのioLogik E2200は新タイプのイーサネット・マイクロRTUコントローラで、プロアクティブな条件ベースの報告を使ってI/Oデバイスを制御するPCベースのデータ収集制御デバイスです。Active OPC Serverに対応したMoxaのioLogik E2200シリーズはパッシブで、データのポールが必要な通常のRTUとは異なり、SCADAシステムとのシームレスな接続を実現します。また、IT分野のユーザーはNMS(ネットワーク管理システム)との通信にSNMPを使用できます。イーサネット・マイクロRTUコントローラのI/Oステータスはユーザー定義の条件に基づいて、オンサイトで自動的に報告および制御されます。PCベースの監視には新しいこの例外報告のアプローチは従来のポーリング方法よりもはるかに少ない帯域幅しか必要としません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローカルのインテリジェンスによるアクティブなアラーミング

ioLogik E2200のマイクロRTUはイベント・トリガの報告を提供するシンプルで強力なClick&Go™テクノロジーに対応しているので、eメール、TCP/UDP、SMNPトラップを使ってリアルタイム・スタンプ付きのアラーム・メッセージを送信できます。Click&Go™インテリジェンスを内蔵したioLogik E2200マイクロRTUは、PCのコントローラを必要とせずに、入力ステータスでトリガされるシンプルな出力コントロールに使用できます。ioLogik E2200マイクロRTUはユーザー定義の条件に基づいてI/Oステータスを自動的に報告します。例外報告のこのアプローチに必要な帯域幅は従来のポーリングによるアプローチに必要な帯域幅を大きく下回ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.