ホーム: ホーム >> 製品 >> コンパクト・リモートI/O >>イーサネット・アナログ・リモートI/O >> ioLogik E1261H-T

ioLogik E1261H-T

2ポートイーサネットスイッチ付きイーサネットリモートI/O、12DIO、5AI、3RTD

特徴

機能とメリット

  • ユーザー定義可能なModbus/TCPスレーブアドレス指定
  • デイジーチェーントポロジー用2ポートイーサネットスイッチ
  • MX-AOPC UAサーバーとのアクティブな通信
  • ioSearchユーティリティを使用した容易な大規模導入と構成
  • Webブラウザによる使いやすい構成
  • WindowsプラットフォームまたはLinuxプラットフォーム向けのMXIOライブラリによりI/O管理を簡略化
  • 厳しいオフショア環境用のIEC 60945の承認
  • 広範な動作温度範囲: -40~75℃(-40~167°F)

 

頑丈なイーサネットリモート I/O厳しい環境に対応するioLogik E1200Hシリーズ

業界で実績のある頑丈な設計

オフショア環境でのリモートイーサネットI/Oの設置は非常に困難です。これらの環境で保護され、安全な使用のために適切に設計されたデバイスを見つけることが重要です。IEC 60945認証を取得したMoxaのioLogik E1200Hシリーズは、このような要求の厳しい産業用途に適したデバイスの必要性を満たしています。この頑丈なハードウェアは、金属製ハウジングにコンパクトに収納されており、-40~75℃の温度範囲で動作を継続するため、過酷なオフショア用途に対するIEC 60945の厳しい要求を満たしています。.

 

デイジーチェーントポロジーが導入コストを削減する

2つのイーサネットスイッチポートが内蔵されているため、iOLogik E1200HリモートイーサネットI/Oでは、ケーブルを簡単に配線できるようにデイジーチェーントポロジーを作成できます。分散イーサネットデータ収集アプリケーションでは、パネル、ユニット、およびキャビネットは多くの場合、スペースに制約があるリモートサイトに配置されます。ioLogik E1200Hシリーズのデイジーチェーン機能により、ioLogik E1200Hユニットは近くのイーサネットデバイスと互いにまたは直列に接続することができ、スペースおよび配線コストの両方を大幅に削減することができます。

 

用途:オフショア遠隔監視

オフショア施設への頑丈なリモートイーサネットI/Oデバイスはどこにあるのだろうと思ったことはありませんか? 過酷な気象条件、広範な気温変化に耐える能力があり、危険な環境で使用できるものが必要です。MoxaのiOLogik E1200Hなら、最も厳しい要求を満たす堅牢な設計により、確実で一貫した、安全なリモートデータ取得が保証されます。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.