ホーム: ホーム >> 製品 >> 組込みコンピュータ >>モジュール/ボード >> EM-2260 シリーズ

EM-2260 シリーズ

4シリアル・ポート、8点DI/DO、デュアルLAN、VGA、CompactFlash、 PCMCIA、USB搭載RISCベース組込みコア・モジュール

特徴

特徴およびメリット

  • Cirrus Logic EP9315 ARM9 200 MHz CPUに対応
  • 128 MB RAMオンボード、32 MBフラッシュ・ディスク搭載
  • 外部VGA出力接続用グラフィック・インタフェースをサポート
  • 2 KV光絶縁RS-232/422/485シリアル・ポートをサポート
  • デュアル10/100 Mbpsイーサネットでネットワークの冗長性を確保
  • 8点DIおよび8点DO
  • CompactFlashおよびUSB 2.0ホストに対応
  • レディ・ツー・ランWinCE 6.0プラットフォーム
  • フル機能の開発キットで迅速な評価およびアプリケーション開発が可能

概要

EM-2260組込みモジュールは4 x RS-232/422/485シリアル・ポート、デュアル・イーサネット・ポート、CompactFlashソケットなどの外部ストレージ接続用に設計されたEIDEインタフェース、USBポートを搭載しています。また、ガソリン・スタンド、自動販売機、発券機といった様々な産業用アプリケーションに容易に統合できるコンパクトなデザインを採用し、優れたシステム統合を可能にする強力なシリアル通信機能を提供しています。プログラマーは、プリインストールされているレディ・ツー・ランのWindows CE 6.0プラットフォームとフル機能の開発キットを使えば、ソフトウェアの開発および産業用オートメーション・アプリケーションの信頼できる通信ベースを容易に構築できます。

 

EM-2260組込みモジュールはCirrus Logic EP9315 ARM9、32-bit、200 MHz RISC CPUを採用しています。この強力なコンピューティング・エンジンは多数の便利な通信機能をサポートしていますが、発熱量はあまり多くありません。また、32 MB NOR Flash ROMと128 MB SDRAMを内蔵しているので、アプリケーション・ソフトウェアを直接実行するのに十分なメモリを確保できます。

 

EM-2260はVGA出力インタフェースを内蔵しているので、製造オートメーション、生産ライン監視、鉱山オートメーションなどのVGA機能やHMI機能を必要とする産業用アプリケーションのSCADAシステムと一緒に使用するのに適しています。

 

EM-2260にはオープンな標準Linux OSまたは、より一般的なWinCE OSがプレ・インストールされています。デスクトップPC用に作成されたソフトウェアはソフトウェア・コード修正を必要とせずに、通常のコンパイラを使用して、EM-2260のプラットフォームに容易にインポートできます。また、独自のアプリケーション用に開発するソフトウェアはEM-2260のフラッシュ・メモリに保存できます。

EM-2260の開発キットは、組込みコア・モジュールの機能をテストする初期評価用の便利なツールをユーザーに提供します。同キットはRS-232/422/485ポートやデジタル入力および出力を含む複数の周辺機能を搭載しているので、様々な産業用アプリケーションの開発に適しています。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.