ホーム: ホーム >> 製品 >> IPビデオ監視用ソフトウェア >> VPort SDK

VPort SDK

サード・パーティの開発者がビデオ・オーバーIP管理システムをカスタマイズできるユーザー・フレンドリーなソフトウェア開発キット

特徴

製品紹介

VPortシリーズ・ビデオ・サーバおよびSoftDVR™ IP管理ソフトウェアを含むMoxa IVN(産業用ビデオ・ネットワーク)ソリューションはビデオ監視アプリケーションのための拡張性に優れた使いやすいビデオ・オーバーIPソリューションです。IPネットワークの普及で、集中制御と相互操作による利便性を得るため、ビデオ管理システムと他の(SCADAやHMIなどの)監視制御システムを統合しなければならないと考えるユーザーが増えています。MOXAではサード・パーティの開発者によるこの統合を支援するために、ビデオ管理システムのカスタマイズ、および包括的な監視制御システムへのVPortシリーズ製品の統合に役立つMoxa VPort SDK PLUSおよびVPort SDKを提供しています。

 

URLコマンド
WebシステムのHTMLプログラミングで使用される使いやすいCGIコマンドです。これらのCGIコマンドをHTMLソース・コードを組込むことで、カスタマイズしたWebページからビデオ映像を収集したり、VPortシリーズ製品を制御したりできます。すべてのURLコマンドはVPortのユーザー・マニュアルまたはCGIコマンドのマニュアルに掲載されています。

 

VPorot 351 CGI指令手冊下載

VPorot D351 CGI指令手冊下載

 

 

 ActiveXコントロールSDK

ActiveXコントロールはMicrosoft COM(コンポーネント・オブジェクト・モデル)テクノロジーを使用してソフトウェアのコンポーネントを通信可能にするOCXコンポーネントです。 ActiveXコントロールはWIN32、IEプラグイン、Visual Basicに対応したプラットフォームで広く使用されており、SCADAなどのオートメーション・システム・ソフトウェアでも一般的です。Moxaの ActiveXコントロールSDKは、カスタマイズ表示、録画、PTZカメラ制御、イベント・トリガ、録画ビデオの再生を可能にする様々なパラメータに対応したプログラマー向けのユーザー・フレンドリーなカスタマイズ・ツールです。MoxaのActiveXコントロールSDKは無料で提供されており、 VB、VC、C#の開発環境に加え、Webアプリケーションや(SCADAソフトウェアなどの)オートメーション・ツール用プラグインをサポートしています。ActiveX SDKを使用したいサード・パーティの開発者はMoxaの販売代理店からコピーを無料で入手できます。

*サンプル・コード使用可能

 

API SDK

一部のビデオ管理アプリケーションでは、ActiveXコントロールSDKがユーザーに十分な機能を提供していないことがあります。その場合、ユーティリ ティは詳細なCライブラリを含むAPI SDKを使用して、Visual C++やC#環境で独自のカスタマイズ・ソリューションをプログラミングできます。API SDKには合計9つのDLLモジュールが含まれています。現在、API SDKはWIN32、Linux、WIN CE pocket 2003プラットフォームに対応しています。API SDKも無料ですが、API SDKは独自のテクノロジーを使用しており、経験豊富な専門のCプログラマーが必要なので、API SDKは一般にはリリースされていません。API SDKを使用したいサード・パーティの開発者はMoxaの販売代理店からコピーを無料で入手できますが、ユーザー確認が求められる場合があります。

 

 

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.