ホーム: ホーム >> 製品 >> 組込みコンピュータ >>ウォールマウント・コンピュータ >> UC-8481シリーズ

UC-8481シリーズ

セルラー、Wi-Fi、GPSモジュール、2 x イーサネット、2 x シリアル、2 x USB 2.0ポート、2 x mini PCIeソケット搭載産業用RISCベース・モバイルLinuxコンピュータ

特徴

 

メリット

  • クロス・オペレータ・アプリケーション向けなどの拡張用マルチ無線モジュール対応
  • システムの整合性や動作を保護するソフトウェア制御の独立した電源スイッチをセルラー・モジュール上に実装
  • 最も高度なEN 50155要件に対応した、または同要件を上回る、高性能無線モジュール採用の堅牢な耐熱設計

 

特徴およびメリット

  • Intel XScale IXP435 533 MHzプロセッサ採用
  • 512 MB DDR2 SDRAMをサポート
  • データ・ストレージ用512 MB NANDフラッシュをサポート
  • OS保存用32 MB NORフラッシュをサポート
  • EN 50155規格対応が必要な鉄道用アプリケーション向けのファンレス堅牢設計
  • クロス・オペレータ拡張用Wi-Fiおよびセルラー・スロットを追加
  • Wi-Fi、セルラー、GPSモジュールで通信の完全なモバイル性を実現
  • セルラー・モジュールの独立したソフトウェア・ベースの電源コントロール
  • レディ・ツー・ランの組込みLinux OSを提供
  • -25~70℃の広範な動作時温度に対応したモデルも用意

 


製品紹介

UC-8481組込みコンピュータには、2 x RS-232/422/485シリアル・ポート、2 x イーサネット・ポート、4点デジタル入力、4点デジタル出力、CompactFlashソケット、2 x USB 2.0ホストが搭載されています。


同コンピュータはIntel XScale IXP435 533 MHz RISC CPUを採用しています。この強力なコンピューティング・エンジンは多数の便利な通信機能をサポートしていますが、発熱はわずかです。内蔵の32 MB NORフラッシュROMと512 MB SDRAMはUC-8481でユーザーのアプリケーション・ソフトウェアを直接実行するのに十分なメモリを提供し、512 MB NANDフラッシュは追加データの保存用に使用できます。


最も重要なこととして、UC-8481シリーズは様々な無線およびGPSモジュールに接続できるコネクタを7つ備えているので、鉄道などの移動車両アプリケーションに特に最適です。UC-8481はインテリジェントで、費用対効果に優れた無線通信プラットフォームをカスタマイズするのに便利なコア製品です。


UC-8481シリーズは組込みLinuxのオペレーティング・システムをプレインストールしており、カスタム・ソフトウェアに最適なオープン・ソフトウェア・プラットフォームを提供します。デスクトップPC用に作成されたソフトウェアは、コード修正を必要とせずに、通常のコンパイラでUC-8418に容易にインポートできます。したがって、UC-8481は最小のコストと労力で十分カスタマイズ可能な、産業用アプリケーションに最適なソリューションとなります。


なお、UC-8481には、-25℃から70℃までの極端な温度範囲で信頼できる動作を提供するよう設計された広範温度対応モデルも用意されています。

 

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.