ホーム: ホーム >> 製品 >> メディア・コンバータ >>シリアル-光ファイバ・コンバータ >> TCF-142 シリーズ

TCF-142 シリーズ

RS-232/422/485対ファイバーメディアコンバータ

特徴

機能と利点

  • 「リング」または「ポイント・ツー・ポイント」通信をサポート
  • 長距離RS-232/422/485通信:
    • 最大40 km(シングル・モード、TCF-142-S)
    • 最大5 km(マルチ・モード、TCF-142-M)
  • コンパクト・サイズ
  • 信号干渉を削減
  • 電気的干渉および化学的腐食を防止
  • 50 bps~921.6 Kbpsのボーレートに対応
  • 広範稼働時温度(-40~75°C)対応モデルを用意

 


製品紹介

TTCF-142メディア・コンバータはRS-232またはRS-422/485シリアル・インタフェースとマルチ・モードまたはシングル・モードの光ファイバに対応したマルチ・インタフェース回路を搭載しています。TCF-142コンバータはシリアル通信を最大5 km(TCF-142-M、マルチ・モード光ファイバ)または最大40 km(TCF-142-S、シングル・モード光ファイバ)を延長するに使用されます。TCF-142はRS-232または RS-422/485のいずれかの信号を変換するように設定できますが、同時の両方の信号を変換するように設定することはできません。

 

自動ボーレート検出

TCF-142はシリアル・ボーレートを自動検出できます。これは極めて便利な機能です。デバイスのボーレートが変更されても、信号はメディア・コンバータからデータを損失せずに送信されます。

 

リング動作

 TCF-142はシリアル・デバイスを光ファイバ・リングに接続するのに使用できます。リングを形成するには、1台のTCF-142の送信ポートを隣接するコンバータの受信ポートに接続します。リングが構築されると、DIPスイッチを使うだけで、TCF-142コンバータを「リング・モード」に設定できます。1つのノードが信号を送信すると、信号は送信ユニットに到達してブロックされるまで、リング内を移動します。TCF-142では、総延長100 kmまでの光ファイバ・リングを構築できます。

 

 

 

 

自動データ方向制御(ADDC®)

ADDC® はRS-485のデータ方向を制御するため、Moxaによって開発された特許取得済みのハードウェア・データ・フロー・ソリューションです。ADDC® はデータ方向を自動的に検出・制御するので、ハンドシェーク信号を使用する必要はありません。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.