ホーム: ホーム >> 製品 >> 産業用無線LAN >>Rail Wireless LAN >> TAP-213 シリーズ

TAP-213 シリーズ

鉄道オンボード 802.11n IP68 無線 AP/クライアント

特徴

特長とメリット

  • IEEE 802.11a/b/g/n 準拠
  • 冗長デュアルDC電源入力またはPoEのいずかで電力供給可能 
  • 効率的にネットワークトラフィックを管理するQoS(WMM)およびVLAN
  • コントローラーベースのTurbo Roaming
  • すべてのEN 50155必須検査項目に対応*
  • 頑丈なIP68保護等級の筐体、-45℃から75℃の動作温度
  •  AeroLink保護による無線ネットワークの冗長性

*本製品は、EN 50155規格で定められた鉄道車両アプリケーションに適しています。詳細については、こちらをクリックしてください:
www.moxa.com/doc/specs/EN_50155_Compliance.pdf


製品紹介

TAP-213屋外ワイヤレスAP/クライアントは、CCTVやCBTCなどの鉄道車載用車両と地上インフラ間アプリケーションに最適な耐久性の高いワイヤレスソリューションです。防塵・防水性能に優れたIP68定格の設計で、屋外や過酷な環境にもワイヤレスネットワークを拡張することができます。2つの冗長DC電源入力により電源の信頼性が向上。さらに、PoE経由でも電力供給できるため、導入が容易になります。TAP-213は、動作温度、電源入力電圧、サージ、ESD、振動に対応する産業規格および鉄道認証に準拠しています。耐久性の高い産業グレードの機能により、TAP-213は特に鉄道車載環境に適した、安定性と信頼性の高いワイヤレス接続を実現します。

過酷な環境にも耐える機能

  •  IP68定格の金属筐体、-45℃から75℃の幅広い動作温度
  • 耐振動M12設計と防水/防塵コネクター
  •  PoEおよびデュアルDC電力入力

 

鉄道アプリケーションの仕様

  •  高出力400mW(最大)無線
  •  24~110VDCの広い入力電圧範囲
  • 1チャネルとWPA2で150ms以下、3チャネルとWPA2で350ms以下のクライアントベースの Turbo Roaming ハンドオーバータイム
  • 3チャネルとWPA2で50ms以下のコントローラーベースのTurbo Roamingハンドオーバータイム(WAC-1001またはWAC-2004と使用する場合のみ)
  • 異なる取り付け構造とアンテナタイプに対する複数のローミングパラメーター
© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.