ホーム: ホーム >> 製品 >> 産業用イーサネット・スイッチ >>パワー・オーバー・イーサネット・スイッチ >> SPL-24 シリーズ

SPL-24 シリーズ

特徴

特長とメリット

  • IEEE 802.3af対応、PoEデバイスから電力とデータを分離
  • 最大出力電力: 12.95 W @ 24 VDC
  • 短絡保護機能に対応した電源出力
  • -40~75℃の動作時温度範囲に対応(Tモデル)
  • DINレール・マウント対応


製品紹介


PoE技術では、1本の標準的なイーサネットCAT5対応ケーブルを使ってイーサネット対応デバイスにデータと電力の両方を提供できます。SPL-24は受電機器(PD)として、PoEからの電力を分離してイーサネット・デバイスに供給します。SPL-24が電力とデータの両方を送信できる範囲は給電機器(PSE)から100 m以内です。

SPL-24の標準製品とTモデルはそれぞれ0~60℃および-40~75℃の温度範囲で使用できます。SPL-24は堅牢なハードウェア設計を採用しているので、要求の多い産業条件でのPoE対応イーサネット・デバイスの安定した動作を確保できます。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.