ホーム: ホーム >> 製品 >> モジュラー型リモートI/O >>モジュラー型イーサネット・リモートI/Oアダプタ >> NA-4010

NA-4010

イーサネット・ネットワーク・アダプタ・モジュール

特徴

製品紹介

イージー・メンテナンス

ioLogik 4000製品はスプリングタイプの着脱式端子ブロック(RTB)を提供しているので、I/O拡張モジュールを取り替える前のフィールド配線を保存できます。各I/O拡張モジュールは迅速かつ容易に交換できます。

 

 

使いやすいWindowsユーティリティ

 

ioAdminを使えば、遠隔地からioLogik 4000モジュラー型I/Oの設定や監視ができます。ioAdminはインストールされているioLogikイーサネットI/Oを自動的に検出して、I/Oモジュールの配列を表示します。また、Modbusアドレス表の検出や生成も行います。表は印刷したり、ソフトウェア設定用コンピュータに保存したりできます。

同ユーティリティを使えば、以下が可能になります: 
1. インストールされているデバイスの自動検索
2. オンライン・ドキュメントによるヘルプ表示
3. I/Oの組み合わせに関する報告の作成

 

 リモート設定 
ioAdminは強力なWindowsベースの設定および管理ツールです。ioAdminを使えば、IPアドレスの変更、通信パラメータの更新、その他のすべての設定が容易になります。さらに、ioAdminは遠隔地のホストからioLogikモジュラーI/Oを設定するの使用できます。したがって、イーサネット上のどの場所からもioLogikモジュラー型I/Oを設定できるので、操作費用を節約するのに役立ちます。

 

デジタル出力チャンネルの自己診断機能

M-2402、M-2403、M-2404、M-2405モジュールは、デジタル出力信号が電子的にモニタされていることを保証する自己診断機能を搭載しています。ハードウェアがモニタする状態は論理システムに書き込まれます。また、ソフトウェアがモジュールにコマンドを送信すると、ネットワーク上の実際のデジタル出力状態が表示されます。これはすべて内部で実行されるので、設定は必要ありません。

 


WebブラウザによるリモートI/O状態の確認

 

 ioAdminはioLogikの主要な設定インタフェースですが、ioLogikのWebコンソールを使って以下の情報を確認することもできます:
• ネットワーク構成
• モジュラー型I/O
• 各チャンネルのステータス

 

 

 

多機能ソフトウェア対応
ioLogik 4000は標準のModbusプロトコルをサポートしており、ほとんどのSCADAソフトウェアに対応しています。また、Moxaは、プログラマーがVisual BasicやC言語を使ってWindows上でアプリケーション・ソフトウェアを開発するのに役立つ便利なMXIO DLLライブラリを提供しています。
 


 

様々なSCADAソフトウェア・パッケージをサポート 

 

ioLogik 4000シリーズは標準のプロトコルに対応するように設計されており、ほとんどのSCADAシステムで使用できます。Modicon Driver、Wonderware Intouch、GE Fanuc iFixおよびCIMPLICITY、Broadwin、kingview、CitectといったSCADAソフトウェアがioLogik 4000サーバに対応しています。また、OPCサーバの「Kepware」のテストにも合格しているので、ioLogik 4000サーバはSCADAやOPCサーバからアクセス可能です。

注意: 様々なSCADAソフトウェア・パッケージのインストール・ガイドがMoxaのダウンロード・センターからダウンロードできます。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.