ホーム: ホーム >> 製品 >> 自動化ソフトウェア >> MXIOライブラリ

MXIOライブラリ

I/Oデバイスを手軽に管理するには

特徴

 

特徴                                                                                                      無償ダウンロード!

 

 


 

製品紹介                       

The MoxaMoxa MXIOライブラリは、C++、VB/VC、および.NET開発プラットフォームだけでなく、WinCEおよびLinuxオペレーティングシステムをサポートしています。このライブラリは、C#およびVisual Basicコードサンプルが多数格納されているため、イーサネットまたはRS-485ネットワークを介してI/Oデバイスおよびデータ転送操作を管理するための高レベルのコンピューター言語の使用が容易になります。Moxaの無料のMXIOライブラリを使えば、Linuxプログラマーは簡単にカスタムアプリケーションを開発でき、ホストとの透明なコミュニケーションを確立できるほか、ioLogik製品ファミリ全体でLinuxを使用するメリットを享受できます。

リモートI/Oデータを取得する直感的な方法

MXIO Libraryは、MoxaのRTUとリモートI/Oデバイスを結ぶイーサネットまたはRS-485ネットワークで使用するデータ管理アプリケーションを開発する際に役立つ一連のプログラミングツールです。これには、I/Oデータを取得するためのより直感的な方法を提供する直接I/Oコマンドセットが含まれます。ソフトウェア開発者は、I/O監視および制御機能を管理するために、複雑なModbusプロトコルを学ぶ必要がなくなりました。エンジニアは、MXIOの直接I/Oコマンドを使用して、I/Oポイントまたはチャネルに簡単にアクセスすることにより、I/Oデータを取得できます。

 

大規模なコードリポジトリによる開発時間の短縮

MXIOライブラリには、プログラマーがソフトウェア開発時間を短縮し、APIにすばやく慣れる野に役立つサンプルコードの例が多く含まれています。開発者は、ライブラリをインストールしたら、すぐにMXIO関数とデモプログラムを呼び出すことができます。

 

アクティブOPCサーバーのアクティブ通信をフルに活用

MXIOライブラリは、MoxaのRTUおよびリモートI/O製品からのI/O構成およびステータス更新を受信するためのアクティブな機能を提供します。Active OPC Serverの革新的なプッシュ技術により、ユーザーは従来のポーリングタイプのサーバーよりも高速で正確なデータ収集が可能になるというメリットがあります。

 

 

複数プラットフォームをサポート

Windows Platfrom

  • Windows XP
  • Windows 2000 
  • Windows NT

Linuxプラットフォーム(32ビット)

  • arm-elf-mxio-library-x.x.x.x.sh – for UC-7100-LX line
  • mxsacleb-mxio-library-x.x.x.x.sh – for UC-7400-LX line
  • mxio-library-x.x.x.x.sh – for x86
  • arm-linux-mxio-library-x.x.x.x.sh - for IA-240-LX line

 

アクティブテクノロジーを採用

MXIOライブラリは、Moxaのアクティブ技術を利用して、iOLogik製品からI/O構成およびステータス更新を受信する機能を提供します。ユーザーは、リモートioLogik製品からイベントドリブンな(状態の変化または定期的な)I/Oステータスの更新をすばやく受けることができます。従来のポーリングアーキテクチャと比べて応答時間が短くなり、ネットワーク帯域幅の要件が減少します。

 

以下の製品で使用できます:

ioLogik E1200 series: イーサネットリモート I/O
ioLogik E2200 series: イーサネットマイクロRTUコントローラ

ioLogik E4200: モジュラーイーサネットリモートI/O

ioLogik W5300 series: セルラーマイクロRTUコントローラ

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.