ホーム: ホーム >> 製品 >> Fieldbusゲートウェイ/ボード >>産業用イーサネット・ゲートウェイ >> MGate MB3660シリーズ

MGate MB3660シリーズ

8~16ポート冗長Modbusゲートウェイ

特徴

特長とメリット 

  • 革新的なコマンド学習機能の採用でSCADA Modbusコマンドの入力が不要(エージェント・ゲートウェイとして機能)
  • シリアル・デバイスのアクティブでパラレルなポーリングにより高度なパフォーマンスを提供
  • シリアル(マスタ)-シリアル(スレーブ)通信対応
  • 同一のIPアドレスまたは2つのIPアドレスが使用できる2つのイーサネット・ポートを搭載
  • SDカードで設定をバックアップ
  • 最大256台のTCPマスタ/クライアント・デバイスからアクセス可能、または128台のTCPスレーブ/サーバ・デバイスに接続可能
  • 広範な電源入力範囲に対応したデュアルVDCまたはVAC電源入力
  • 3ピンのフォルト・リレー回路によるイベント・アラームに対応
  • 2 kV絶縁保護対応(「-I」モデル)

 

概要

MGate MB3660(MB3660-8およびMB3660-16)シリーズはModbus TCPとModbus RTU/ASCIIプロトコルを相互に変換する冗長Modbusゲートウェイで、最大256台のTCPマスタ/クライアント・デバイスからアクセス可能、または128台のTCPスレーブ/サーバ・デバイスに接続可能です。また、MGate MB3660シリーズの絶縁モデルは変電所アプリケーションに最適な2 kVの絶縁保護を備えています。MGate MB3660シリーズのゲートウェイはModbus TCPネットワークとRTU/ASCIIネットワークを容易に統合できるように設計されており、ネットワーク統合を容易にし、カスタマイズして、ほとんどのModbusネットワークに対応する数々の機能を備えています。MGate MB3660ゲートウェイを使えば、大規模なModbus設定で多数のModbusノードを同一のネットワークに効果的に接続できます。MB3660シリーズは物理的に、8ポート・モデルでは最大248のシリアル・スレーブ・ノードを、16ポート・モデルでは最大496のシリアル・スレーブ・ノードを管理できます。(Modbus規格が定義しているのは1から247までのModbus IDのみです。)各RS-232/422/485シリアル・ポートはModbus RTUまたはModbus ASCIIの動作および異なるボーレートに対して個別に設定できるので、1台のModbusゲートウェイを使って両方のネットワークを統合できます。

コマンド学習機能による高度なパフォーマンス

MGate MB3660シリーズのゲートウェイはトランスペアレント・モードとエージェント・モードの2つの通信モードに対応しています。ゲートウェイはトランスペアレント・モードで、Modbus TCPからModbus RTU/ASCII、Modbus RTU/ASCIIからModbus TCP、またはシリアル・マスタからシリアル・スレーブにModbusコマンドを変換します。ただし、Modbusプロトコルの要求-応答アクションを実行できるのは1度に1回だけなので、各Modbusデバイスは自分の順番が来るまで待機する必要があり、パフォーマンスの低下は避けられません。エージェント・モードはこの弱点を克服するように設計されています。Modbusコマンドの手動入力が可能なので、ゲートウェイは同時に多数のModbusデバイスにModbusコマンドを送信できます。ゲートウェイは異なるシリアル・ポートを使ってModbusデバイスからのデータを同時かつアクティブに連続取得できるので、Modbusデバイスのアクセス待機時間は劇的に短縮されます。

 

(革新的なコマンド学習機能の詳細については、ここをクリックしてください。)

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.