ホーム: ホーム >> 製品 >> Fieldbusゲートウェイ/ボード >>産業用イーサネット・ゲートウェイ >> MGate MB3180, MB3280, MB3480

MGate MB3180, MB3280, MB3480

標準Modbusシリアル-to-イーサネット・ゲートウェイ

特徴

機能と利点

 

  • Modbus TCPとModbus RTU/ASCIIを相互変換
  • 1イーサネット・ポートと1、2または4つのRS-232/422/485ポートをサポート
  • 1マスタあたり最大32の同時要求に対応できる16台のTCPマスタを同時にサポート
  • ハードウェア設定が容易

     


概要

TMB3180、MB3280、MB3480はModbus TCPとModbus RTU/ASCIIを変換する標準Modbusゲートウェイです。1シリアル・ポートあたり最大31台のRTU/ASCIIスレーブが接続でき、最大16台のModbus TCPマスタを同時にサポートできます。RTU/ASCIIマスタでは、最大32台のTCPスレーブに対応できます。

 

標準Modbusネットワーク統合
3種類の標準MGate™ モデル(MB3180、MB3280、MB3480)はModbus TCPおよびRTU/ASCIIネットワークを容易に統合できるように設計されています。上記モデルを使うと、Modbusシリアル・デバイスを既存のModbus TCPネットワークにシームレスに統合でき、Modbus TCPスレーブはシリアル・マスタにアクセス可能になります。MB3180、MB3280、MB3480はネットワーク統合を容易にし、カスタマイズ可能で、ほとんどのModbusネットワークに対応したものにする機能を備えています。

 

高密度で、費用対効果に優れたゲートウェイ
MGate™ MB3000は高密度のModbusノードを同一のネットワークに効果的に接続できます。MB3280は最大62のシリアル・スレーブ・ノードを、MB3480は最大124のシリアル・スレーブ・ノードをそれぞれ管理できます。それぞれのRS-233/422/485シリアル・ポートはModbus RTUまたはModbus ASCII動作および異なるボーレートに対して個別に設定できるので、両方の種類のネットワークは同じModbusゲートウェイを使ってModbus TCPに統合できます。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.