ホーム: ホーム >> 製品 >> Fieldbusゲートウェイ/ボード >>産業用イーサネット・ゲートウェイ >> MGate 5118シリーズ

MGate 5118シリーズ

1ポートCAN-J1939 to Modbus/PROFINET/EtherNet/IPゲートウェイ

特徴

特徴

  • キー操作不要のJ1939コマンド自動検出
  • 内蔵J1939トラフィック監視/診断/ライブリストツール
  • J1939からModbus RTU/ASCII/TCP, EtherNet/IP、PROFINETへのプロトコル変換
  • 危険な場所にも対応可能:C1D2、ATEX、IECEx
  • 設定バックアップ/複製用のMicroSDカード、およびイベントログ
  • CANbusおよびModbusシリアルポートの2 kVアイソレーション
  • -40~75°Cの幅広い使用温度モデルを使用可能
  • IEC-62443に準拠したセキュリティ機能


概要

MGate 5118シリーズ産業プロトコルゲートウェイは、CANBus (コントローラーエリアネットワーク)をベースとしたSAE J1939をサポートします。SAE J1939は、車両コンポーネント、ディーゼルエンジン発電機、および圧縮エンジン間での通信と診断を実装するために使用され、大型車両トラック業界とバックアップ電力システムに適しています。現在ではエンジンコントロールユニット(ECU)を使用してこれらの種類のデバイスを制御するのが一般的になっており、ますます多くのアプリケーションで、ECUの後方に接続されたJ1939デバイスのステータスを監視するためにPLCが使用されています。

MGate 5118シリーズゲートウェイはほとんどのPLCアプリケーションに対応するため、Modbus RTU/ASCII/ TCP、EtherNet/IPプロトコルおよびPROFINETプロトコルに対応しています。J1939プロトコルに対応したデバイスは、Modbus RTU/ASCII/TCP、EtherNet/IP、およびPROFINETプロトコルを使用するPLCおよびSCADAシステムにより監視および制御されています。MGate 5118を使用して、さまざまなPLC環境で同じゲートウェイを使用できます。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.