ホーム: ホーム >> 製品 >> Fieldbusゲートウェイ/ボード >>産業用イーサネット・ゲートウェイ >> MGate 5111シリーズ

MGate 5111シリーズ

1ポートModbus/PROFINET/EtherNet/IP to PROFIBUS スレーブゲートウェイ

特徴

機能とメリットEasy Protocol Conversions for Factory Automation

  • PROFIBUS DP V0 スレーブをサポート
  • Modbus RTU/ASCII/TCP マスタまたはスレーブをサポート
  • EtherNet/IPアダプタまたはPROFINET IO デバイスをサポート
  • 内蔵トラフィック監視/診断/ステータス監視および障害保護
  • 内蔵イーサネットカスケードで配線が容易に
  • 冗長デュアルDC電源入力とリレー出力をサポート
  • 設定バックアップ/複製用のMicroSDカード、およびイベントログ
  • 2 kV内蔵絶縁保護付きシリアルポート
  • -40~75°Cの幅広い動作温度モデルを使用可能
  • IEC-62443に基づくセキュリティ機能

Moxa protocol converter gateway

概要

MGate 5111産業用イーサネットゲートウェイは、Modbus RTU/ASCII/TCP、EtherNet/IP、PROFINET、PROFIBUSプロトコル間でデータの変換を行います。すべてのモデルは頑丈な金属製の筐体で保護され、DINレールに取り付け可能で、内蔵のシリアル絶縁機能を提供します。Modbusは最も広範に使用されている産業用通信プロトコルの1つであり、EtherNet/IP、PROFINET、PROFIBUSは一般的にファクトリーオートメーションやプロセスオートメーションで使用されています。MGate 5111は、Modbus RTU/ASCII/TCP マスタおよびスレーブの両方のモードをサポートしているため、ModbusデバイスをSiemens PLCなどのPROFIBUS PLCまたはDCSに簡単に接続できます。システム統合では、MGate 5111は、Rockwell Automation PLCなどのEtherNet/IP PLC/SCADAシステムへの接続、PROFIBUS PLC/DCSシステムへの接続、またはPROFINETをサポートする新しいSiemens PLCシステムと既存のPROFIBUSシステム間での接続が可能です。MGate 5111ゲートウェイは、簡単な設定と迅速なメンテナンスを実現するために設計されています。便利なウェブコンソールを使用してリモートメンテナンスタスクを実装できます。また、設定ウィザードUIにより、ゲートウェイを迅速に設定できます。包括的なトラブルシューティングツールのコレクションにより、設定時間およびシステムのダウンタイムが短縮されます。ファクトリーオートメーション、電力、石油&ガス、水道/廃水、およびその他のプロセスオートメーション産業などの産業アプリケーションには、頑丈な設計が適しています。

 

簡単な設定

 MGate 5111シリーズゲートウェイはフレンドリーなユーザーインターフェイスを備えており、ほとんどのアプリケーションでプロトコル変換ルーチンを迅速に設定できます。このため、ユーザーが詳細なパラメータ設定を1つずつ実装しなければならない時間のかかるタスクが必要なくなります。クイックセットアップを使うと、簡単にプロトコル変換モードにアクセスすることができ、ほんの少しのステップで設定を完了することができます。MGate 5111はリモートメンテナンスを可能にする、ウェブコンソールとTelnetコンソールをサポートしています。ネットワークセキュリティを強化するため、HTTPSやSSHなどの暗号化通信機能に対応しています。さらに、接続およびModbusのメンテナンスイベントを記録するため、ファームウェアログ機能が提供されています。ユーザーはウェブコンソールを介してログデータをリモートで確認できます。

 

 

さまざまな保守機能

 

MGate 5111はプロトコル診断とトラフィック監視をサポートしているため、特に設置段階でのトラブルシューティングが容易になっています。通信問題は、スレーブIDやレジスタアドレスなどのソフトウェアパラメータの誤りや、間違ったコマンド設定により発生する可能性があります。プロトコル診断とトラフィック監視を使用することで、取得したデータのチェックを行い、容易にその根本原因を特定することができます。MGate 5111ゲートウェイは、ステータス監視機能と障害保護機能もサポートしています。ステータス監視機能は、Modbusデバイスの接続が切断されている場合や応答しない場合にその旨をPLC/DCS/SCADAシステムに通知します。この場合、プロセスPLC/DCSは各エンドデバイスのステータスを取得し、アラームを出してオペレータに通知します。PROFIBUSケーブルの接続が切断されている場合、障害保護機能は、ユーザーが設定した事前定義済みの値によって識別されるエンドデバイスでアクションを実行します。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.