ホーム: ホーム >> 製品 >> Fieldbusゲートウェイ/ボード >>産業用イーサネット・ゲートウェイ >> MGate 5109シリーズ

MGate 5109シリーズ

1ポートModbus RTU/ASCII/TCP-to-DNP3シリアル/TCP/UDPゲートウェイ

特徴

特徴

  • Modbusマスター/スレイブおよびDNP3マスター/アウトステーションに対応
  • 最大31のModbusシリアルスレーブまたはDNP3シリアルアウトステーション
  • 最大32のModbus TCPスレーブまたはDNP3 TCP/UDPアウトステーション
  • DNP 3.0サブセットレベル2をサポート
  • DNP3マスターモードは最大26600ポイントをサポート
  • DNP3マスターおよびアウトステーションモードは、時刻同期をサポート
  • メンテナンス用の完全な診断情報
  • 組み込み型のModbusおよびDNP3シリアルのトラフィック監視
  • 冗長性デュアルDC電源入力とリレー出力
  • 設定のバックアップとシステムログ用のmicroSDカード
  • -40~75°Cの幅広い使用温度モデルを使用可能
  • 2 kV内蔵絶縁保護付きシリアルポート
  • 内蔵イーサネットカスケードで配線が容易に
  • IEC 62443-4-2準拠

概要

MGate 5109は、Modbus RTU/ASCII/TCPおよびDNP3シリアル/TCP/UDPプロトコル変換を行う産業用イーサネットゲートウェイです。全てのモデルは頑丈な金属製のケースで保護され、DINレールに取り付け可能で、内蔵のシリアル絶縁機能を提供します。MGate 5109は、Modbus TCPからModbus RTU/ASCIIへ、あるいはDNP3 TCP/UDPからDNP3シリアルネットワークへの簡単な統合を可能にする、透過モードをサポートしています。MGate 5109シリーズゲートウェイはModbusおよびDNP3プロトコルトラフィックモニタをサポートしているため、特に設置段階におけるトラブルシューティングが容易になっています。スレーブIDや登録アドレスなどのソフトウェアパラメータの誤りにより、通信の問題が発生する可能性があります。5109はまた、ModbusとDNP3ネットワーク間のデータ交換を行うため、あるいは複数のModbusスレーブまたは複数のDNP3アウトステーション向けのデータコンセントレータとして機能するために、エージェントモードをサポートしています。電力、石油&ガス、および水道/排水などの産業アプリケーションには、頑丈な設計が適しています。

Webコンソールによる簡単な設定

MGate 5109シリーズには、設定を容易にするための図解入りのクイックセットアップガイドが付属しています。クイックセットアップを使うと、簡単にプロトコル変換モードにアクセスすることができ、ほんの少しのステップで設定を完了することができます。MGate 5109シリーズはDNP3シリアルアウトステーションの自動検出もサポートしているため、DNP3マスタ-として設定されている場合にはMGate 5109は自動的にすべてのアウトステーションオブジェクトを取得することができます。

およびDNP3プロトコルトラフィック監視

MGate 5109シリーズゲートウェイはModbusおよびDNP3プロトコルトラフィック監視をサポートしているため、特に設置段階でのトラブルシューティングが容易になっています。スレーブIDや登録アドレスのなどのソフトウェアパラメータの誤りにより、通信の問題が発生する可能性があります。Modbus/DNP3プロトコルトラフィック監視を使って取得したデータを確認することで、簡単に根本原因を特定することができます。

さまざまな保守機能

MGate 5109シリーズゲートウェイはリモート保守を可能にする、WebコンソールとTelnetコンソールを提供しています。ネットワークセキュリティを強化するため、HTTPSやSSHなどの暗号化通信機能に対応しています。さらに、接続イベントとModbus保守イベントを記録するため、ファームウェアログ機能が提供されています。ユーザーはウェブコンソールを通じてリモートからログデータを確認することができます。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.