ホーム: ホーム >> 製品 >> 組込みコンピュータ >>モジュール/ボード >> MC-1100シリーズ

MC-1100シリーズ

クアッドコア(Quad-core)ファンレスDINレールオートメーションコンピューター

特徴

特徴

  • デュアルストレージ(SDおよびCFastスロット) MC-1100 DIN-rail Automation Computers Applications
  • デュアル独立型ディスプレイ(VGA+ディスプレイポート) 
  • さまざまなインターフェイス:シリアルポートx2、4 ギガ LAN、4 DI、4 DO、2 USB2.0
  • WiFi、3G、LTE、GPS用のMini-PCIeソケット
  • 12~36 VDCに幅広く対応する絶縁電源
  • -40~70°Cのシステム動作温度範囲
  • システムの起動失敗から回復するためのMoxa SmartRecoveryユーティリティ(W7Eのみ)
  • マリングレードおよびゾーン2に準拠

製品紹介

Moxa MC-1100シリーズDINレール、ファンレス、X86組み込み型コンピューターは、Intel® Atom™ E3800シリーズプロセッサーを搭載し、接続性を最大化するための最も信頼性の高いI/O設計がなされており、さらに無線モジュール(WiFi/3G/LTE)に対応しており、多様な通信アプリケーションに適しています。

幅広い動作温度範囲(-40~70°C)と、安全規格/EMI/EMSに準拠しているため、MC-1100シリーズは、海洋通信、石油およびガス関連の現場サイト監視、および輸送などの危険な環境における、インテリジェントなコンピューティングおよび通信ソリューションに理想的です。

MC-1100シリーズは、デバイスのI/Oステータス監視と通知、システム温度監視と通知、およびシステムの電源管理を目的とした「Moxaハードウェア監視」に対応しています。システムの状態を詳細に監視することによって、障害から容易に回復することができ、アプリケーション用に最も信頼できるプラットフォームを提供することができます。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.