ホーム: ホーム >> 製品 >> メディア・コンバータ >>シリアル-光ファイバ・コンバータ >> ICF-1280Iシリーズ

ICF-1280Iシリーズ

2ポート産業用PROFIBUS-光ファイバ・コンバータ

特徴

 特長とメリット

  • 復旧時間ゼロの冗長光ファイバ・リング
  • 1台のコンバータからネットワーク全体の光ファイバ通信を検査
  • 自動ボーレート検出および最大12 Mbpsのデータ速度に対応
  • PROFIBUSバス・フェイル・セーフ機能で、動作中のセグメントのデータグラムの崩壊を防止
  • リレー出力によるアラーム
  • 2 kVのガルバニック絶縁保護
  • デュアル電源入力による冗長化
  • PROFIBUS通信を最大45 kmの距離に延長
  • 40~75℃の環境で使用可能な広範時温度対応モデルを用意
  • 光ファイバ信号強度診断機能対応

製品紹介

ICF-1280Iシリーズの産業用PROFIBUS-光ファイバ・コンバータは銅線から光ファイバにPROFIBUS信号を変換するのに使用されます。同コンバータは、シリアル通信を最大4 km(マルチ・モードの光ファイバ)または最大45 km(シングル・モードの光ファイバ)まで延長するのに使用されます。ICF-1280IはPROFIBUSデバイスの連続動作を確保するため、PROFIBUSシステムとデュアル電源入力に2 kVの絶縁保護を提供します。

 

 

リモート光ファイバ診断
光ファイバ・ケーブルは長距離通信向けに配置されることが多く、光ファイバ・ケーブルが適切な通信品質を確保しているかどうかは光ファイバ検査ペンを使って確認されます。ICF-1280Iシリーズのコンバータは、DIPスイッチの設定によるリモート光ファイバ診断機能に対応しているので、光ファイバ検査ペンは必要ありません。リモート光ファイバ診断には、(1)コンバータの問題の原因となっているのは(TxまたはRxの)どちら側か特定する、および(2)個々のコンバータからトポロジ全体の光ファイバ接続を検査するといった2つの主要な機能があります。光ファイバ・ケーブルの不具合はコンバータが近くになくても、LEDインジケータで自動的に検出および特定できます。リモート光ファイバ診断機能を使えば、光ファイバ・ケーブルの敷設や管理が容易になり、個々のコンバータからトポリシ全体の光ファイバ接続を検査することでトラブルシューティングの時間を大幅に短縮できます。

冗長リング
ICF-1280Iシリーズのコンバータは冗長光ファイバ・リング構造でPROFIBUSデバイスを接続できます。DIPスイッチを使用すれば、すべてのICF- 1280Iコンバータを冗長リング・モードに設定できます。PROFIBUSマスタが1台のコンバータからPROFIBUSスレーブ・デバイスに信号を送信する場合、この信号はリング内のすべてのコンバータを通ってから、最初のコンバータに戻って終端します。冗長リング構造はパケット損失ゼロおよび復旧時間ゼロを保証します。

 

 

PROFIBUSフェイル・セーフ機能
PROFIBUSデバイスに不都合が生じたり、シリアル・インタフェースが切断したりすると、電子ノイズが発生して、バスが切断します。通常のメディア・コンバータは光ファイバを使ってノイズ振動を他のコンバータに転送します。これは2つのバス間のデータ通信を切断し、その結果、システム全体の通信を不能にさせる原因になります。こうなると、PROFIBUSネットワーク全体がダウンするので、問題のあるデバイスを特定するのが難しくなります。ICF-1180Iはこうした状況を回避するために、ノイズ信号を検出し、識別するよう設計されています。1か所のバスが切断しても、ノイズ信号がICF-1180Iを通って、別のバス・セグメントに影響を及ぼすことはありません。また、ICF-1180Iは切断場所を現場の担当者に知らせるアラーム通知も発行します。

 

光ファイバ信号強度診断
一部の環境では、(データ伝送に影響しないよう)デバイスが動作中に接続可能な電圧計による光ファイバ・ポートの受信レベルの測定が求められる場合があります。測定は電圧計が行い、フローティング高インピーダンスのアナログ入力を使用するPLCが読み取ることで、以下が可能となりなります:
1. (老朽化や損傷の判定などのための)今後の測定に役立つ受信する光ファイバの強度の記録
2. (限界値による)良否判定の実行

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.