ホーム: ホーム >> 製品 >> メディア・コンバータ >>シリアル-光ファイバ・コンバータ >> ICF-1180I シリーズ

ICF-1180I シリーズ

産業用PROFIBUS-光ファイバ・コンバータ

特徴

機能と利点

  • 信頼できる光ファイバ通信を確保する光ファイバ・ケーブル検査機能をサポート
  • 自動ボーレート検出および最大12 Mbpsのデータ速度に対応
  • PROFIBUSバス・フェイル・セーフ機能で、動作中のセグメントのデータグラムの崩壊を防止
  • ファイバ・インバース機能対応
  • リレー出力によるアラーム
  • 2 KVのガルバニック絶縁保護
  • デュアル電源入力による冗長化(リバース保護対応)
  • PROFIBUS通信を最大45 kmの距離に延長
  • 広範動作時温度(-40~75℃)対応モデルを用意
  • 光ファイバ信号強度診断機能対応

 


製品紹介

ICF-1180Iシリーズの産業用PROFIBUS-光ファイバ・コンバータは銅線から光ファイバにPROFIBUS信号を変換するのに使用されます。同コンバータは、シリアル通信を最大4 km(マルチ・モードの光ファイバ)または最大45 km(シングル・モードの光ファイバ)まで延長するのに使用されます。ICF-1180IはPROFIBUSデバイスの連続動作を確保するため、PROFIBUSシステムとデュアル電源入力に2 KVの絶縁保護を提供します。

 

光ファイバ・ケーブル検査機能
通常、長距離通信には光ファイバ・ケーブルが使用されます。技術者は光ファイバ・ケーブル間の通信に問題がないかを確認するのに光ファイバ・センサーを使用します。ICF-1180IシリーズはDIPスイッチの設定による光ファイバ・ケーブル検査機能に対応しているので、光ファイバ・センサーへの依存を削減できます。この機能は光ファイバ通信の不具合を検出するだけでなく、受信したパケットの形式を確認します。また、送信または受信のどちら側に問題があるかも特定できます。

 
PROFIBUSフェイル・セーフ機能
PROFIBUSデバイスに不都合が生じたり、シリアル・インタフェースが切断したりすると、電子ノイズが発生して、バスが切断します。通常のメディア・コンバータは光ファイバを使ってノイズ振動を他のコンバータに転送します。これは2つのバス間のデータ通信を切断し、その結果、システム全体の通信を不能にさせる原因になります。こうなると、PROFIBUSネットワーク全体がダウンするので、問題のあるデバイスを特定するのが難しくなります。ICF-1180Iはこうした状況を回避するために、ノイズ信号を検出し、識別するよう設計されています。1か所のバスが切断しても、ノイズ信号がICF-1180Iを通って、別のバス・セグメントに影響を及ぼすことはありません。また、ICF-1180Iは切断場所を現場の担当者に知らせるアラーム通知も発行します。

 

光ファイバ信号強度診断
一部の環境では、(データ伝送に影響しないよう)デバイスが動作中に接続可能な電圧計による光ファイバ・ポートの受信レベルの測定が求められる場合があります。測定は電圧計が行い、フローティング高インピーダンスのアナログ入力を使用するPLCが読み取ることで、以下が可能となりなります:
1. (老朽化や損傷の判定などのための)今後の測定に役立つ受信する光ファイバの強度の記録。
2. (限界値による)良否判定の実行。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.