ホーム: ホーム >> 製品 >> メディア・コンバータ >>シリアル-光ファイバ・コンバータ >> ICF-1170I シリーズ

ICF-1170I シリーズ

産業用CAN-光ファイバ・コンバータ

特徴

機能と利点

  • 光ファイバで最大2 kmの通信が可能
  • CAN信号と光ファイバ信号の相互変換が可能
  • 最大ボーレート: 1 Mbps
  • デュアル電源入力による冗長化
  • DIPスイッチで、120 Ωの終端抵抗を提供
  • 光ファイバ検査モード用DIPスイッチをサポート
  • 光ファイバ送信、光ファイバ受信、電源1、電源2用LEDを搭載
  • -40~85℃環境での使用に適した広範温度対応モデルを用意
  • ISO 11898規格にフル対応

 


製品紹介

ICF-1170IシリーズのCAN-光ファイバ・コンバータは銅線から光ファイバにCAN信号を変換するのに使用されます。同コンバータはCANbusシステム用の2 KV光絶縁およびアラーム接点リレーによるデュアル電源入力に対応しているので、CANbusシステムのオンライン状態を確実に保持できます。

 

光ファイバ検査モード

光ファイバ検査モードは2台のICF-1170I間の光ファイバを検査するのに使用でき、光ファイバ・ケーブルがデータを正しく送信しているかどうかを確認する便利な方法を提供します。光ファイバ検査モードでは、光ファイバ・トランシーバ(TX)がデータ信号を連続送信し、光ファイバ送信(Fiber TX)のLEDが点灯します。接続の他の側では、ICF-1170Iの光ファイバ・トランシーバ(RX)がTX側からのデータ信号を受信し、光ファイバ受信(Fiber RX)のLEDが点灯します。

 

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.