ホーム: ホーム >> 製品 >> 組込みコンピュータ >>DINレール・コンピュータ >> IA260

IA260

4シリアル・ポート、デュアルLAN、VGA、DIO、CompactFlash、USB対応RISCベース・オートメーション組込みコンピュータ

特徴

特徴およびメリット

  • Cirrus Logic EP9315 ARM9 CPU, 200 MHz採用
  • 128 MB RAMオンボード、32 MBフラッシュ・ディスク搭載
  • 4ソフトウェア設定可能RS-232/422/485シリアル・ポート 
  • フィールド・サイト監視用VGAインタフェースをサポート
  • デュアル10/100 Mbpsイーサネットでネットワークを冗長化
  • 8+8点DI/DOチャンネル、最大30 VDC
  • 12~48 VDC電源入力設計
  • CompactFlashおよびUSB 2.0ホストに対応
  • レディ・ツー・ランLinux/WinCE 6.0プラットフォーム
  • -40~75ーCの広範な稼働時温度に対応したモデルも用意

概要

IA260の組込みコンピュータには、4つのRS-232/422/485シリアル・ポート、デュアル・イーサネット・ポート、8点デジタル入力、8点デジタル出力、VGA出力、2 USBホスト、CompactFlashソケットが搭載されています。また、コンパクトな産業用アルミニウム製ケースに収納されています。

IA260のコンピュータはCirrus Logic EP9315 ARM9、32-bit、200 MHz RISC CPUを採用しています。この強力なコンピューティング・エンジンは多数の便利な通信機能をサポートしていますが、発熱量はあまり多くありません。また、32 MB NOR Flash ROMと128 MB SDRAMを内蔵しているので、アプリケーション・ソフトウェアを直接実行するのに十分なメモリを確保できます。

IA260シリーズはVGA出力インタフェースを内蔵しているので、ファクトリ・オートメーション、 生産ライン監視、鉱山オートメーションなどのVGA機能やHMI機能を必要とする産業アプリケーションのSCADAシステムと一緒に使用するのに適しています。

IA260のコンピュータはRS-232/422/485、デジタルI/Oに対応し、デュアルLANポートを備えているので、ネットワークの冗長化が必要な産業アプリケーションの通信プラットフォームに最適です。また、標準モデルに加え、過酷な産業用自動化環境で使用できる広範温度(-40~75℃)対応モデルも用意されています。

IA260の組込みコンピュータにはオープンな標準Linux OSまたは、より一般的なWinCE OSがプレ・インストールされています。デスクトップPC用に作成されたソフトウェアはソフトウェア・コード修正を必要とせずに、通常のコンパイラを使用して、IA260のプラットフォームに容易にインポートできます。また、独自のアプリケーション用に開発するソフトウェアはIA260のフラッシュ・メモリに保存できます。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.