ホーム: ホーム >> 製品 >> マルチポート・シリアル・ボード >>Universal PCIシリアル・ボード >> CP-112UL/UL-I シリーズ

CP-112UL/UL-I シリーズ

2 KV絶縁(オプション)対応2ポートRS-232/422/485 Universal PCIシリアル・ボード

特徴

特徴およびメリット

  • 700 Kbps以上のデータスループットで、最高の性能を提供
  • 128バイトFIFOおよびオンチップH/W、S/Wフロー・コントロールをサポート
  • 3.3/5 V PCIおよびPCI-X互換Universal PCI
  • 最大シリアル通信速度: 921.6 kbps
  • Windows (2000, XP/2003/Vista/2008 x86/x64), Linux 2.4, Linux 2.6 (x86/x64) 用ドライバ同梱
  • メンテナンスに便利なオンボードLEDディスプレイ
  • 15 KV ESDおよび2 KV光絶縁保護内蔵
  • -40~85℃環境で使用可能な広範温度対応モデルを用意

概要 

 

MOXAのCP-112UL/UL-Iシリーズのマルチポート・シリアル・ボードは、産業用自動化システム・インテグレータの長距離、マルチポート、PCベース・データ収集アプリケーションで使用するように設計されています。正確なRS-485通信を可能にするオンチップ・自動データ方向制御(ADDC)には、回線ドライバをオンとオフを切り換える高精度のタイミング制御が求められます。オンチップADDC®にはCP-112UL/UL-Iボードを強化するMOXAのTurbo Serial Engine™チップが実装されているので、RS-485はRS-232と同様に使用しやすくなります。ボードは最大921.6 Kbpsのデータ速度に対応したRS-422/485シリアル・ポートを2基搭載しています。RS-485モードでは、シリアル・ポートは1.2 km以内の最大31台のデイジー・チェーンのRS-485デバイスに接続できます。長距離RS-485通信では、装置が損傷するのを防ぐために、2 KV光絶縁保護が用意されています。

 

WindowsやLinux/Unix OSなどの主要OS用ドライバをサポート 

 

Moxaでは多様なオペレーティング・システムへの対応を継続します。CP-112UL/UL-Iボードもその例外ではありません。信頼性の高いWindows COMおよびLinux/Unix TTYドライバがすべてのMoxaボードに同梱されています。組込み統合ではWEPOSといった他のオペレーティング・システムもサポートされています。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.