ホーム: ホーム >> 製品 >> ターミナル・サーバ >> CN2610/2650シリーズ

CN2610/2650シリーズ

LAN冗長対応8および16ポートRS-232/422/485ターミナル・サーバ

特徴

特徴およびメリット

  • IPアドレスの設定に便利なLCDパネルをサポート
  • 2つの独立したMACアドレスとIPアドレスを備えたデュアルLANをサポート
  • 2つのLANがアクティブな場合でも使用可能な冗長COM機能に対応
  • システムにバックアップPCを追加するのに使用できるデュアル・ホスト冗長性をサポート
  • デュアルAC電源入力
  • WindowsおよびLinux用リReal COM/TTYドライバをサポート

概要

冗長性は産業にとって重要な要素です。装置やソフトウェアの不具合に起因する損傷を防止するため、様々なソリューションが開発されてきました。「ウォッチドッグ」ハードウェアは冗長ハードウェアを使用するのに必要で、ソフトウェアには「トークン」スイッチング・メカニズムが求められます。CN2610/2650 ターミナル・サーバは内蔵のデュアルLANポートを使用して、アプリケーションのスムーズな動作を維持する「冗長COM」モードを実行します。

 

デュアルLANによる冗長性 

CN2610は別々のLANネットワークに接続可能な2つのLANポートを搭載しています。デュアルLANによる冗長性を有効にするには、ホストの2つの別々の物理ネットワークを設定して、PCホストとCN2600を接続しなければなりません。その場合、PCホストにも2枚のLANカードを装着しなければなりません。ネットワークの1つが切断しても、PCホストは冗長LANを使ってシリアル・デバイスとの通信を維持できます。

  

 

冗長COM

 「冗長COM」(特許出願中)動作モードはCN2600のCOMモードとホスト・コンピュータ間の冗長LANを設定するのに使用できます。冗長構造を有効 にするには、CN2600のホストの2つのLANを使って、CN2600とホスト・コンピュータを接続する2つの冗長LANを設定しなければなりません。 2つのLANの一方が切断しても、他のLANがCN2600からのデータ送信と共に、シリアル・デバイスとホスト間のパケット通信を維持します。Moxa の冗長COMモードを使用する最大のメリットの1つは「切り替え時間」がゼロであるということです。したがって、LANの1つが切断しても、PCホストと シリアル・デバイス間のデータ通信は中断されません。

 

 

2つのホストによる冗長性 

CN2600のデュアルLANカードは「デュアル・ホスト」による冗長性を設定するのにも使用できます。その場合、両方のネットワーク(図のLAN AとLAN B)は2台の異なるホストに接続されます。2台のホストの一方が突然シャットダウンしても、他のホストはCN2600に接続されているシリアル・デバイスとのパケット通信を継続します。

 

デュアルACモデル対応 

冗長デュアル電源は2つの電源入力と冗長内部電源を使って、電源回路の切断時でも、CN2600のコンソール・ポート、シリアル・ポート、LANポートの可用性を確保します。 

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.