ホーム: ホーム >> 製品 >> ターミナル・サーバ >> CN2510 シリーズ

CN2510 シリーズ

16ポート/8ポートRS-232非同期型サーバ

特徴

特徴およびメリット

  • オンサイト管理に役立つLCMインタフェースを搭載
  • ネットワーク内外のデバイスのインバンドおよびアウトバンドのコンソール管理が可能
  • 最大16人のダイヤルイン・ユーザーに対応したスタンドアロン型リモート・アクセス・サーバをサポート
  • RADIUS認証およびRIP I/IIルーティング・プロトコル対応PPP/SLIPをサポート
  • WindowsおよびLinux用Real COM/TTYドライバをサポート
  • 通信アプリケーション向け±48 VDCをサポート

概要

リモートデバイス・コンソール管理

 

多くの会社おいて、IT装置は日常運営における決定的な役を演じています。サーバ、ルータ、PBXまたは専用回線モデムなどの正常動作を確保するために、最小限の故障及び即時のトラブルシューティングが欠かせない性能です。普段、IT装置のすぐ傍にキーボードやモニターで管理するため、また、空間節約のため、KVMスイッチが利用されています。実は、殆どのIT装置に搭載されているRS-232コンソールポートを使えば、リモートコンソール管理が可能となります。

CN2510は便利な1Uラックマウント・サイズで、使いやすいコンソールポート管理ソリューションを提供します。サーバ、ルータまたは他のネットワーク装置により、簡単にコンソール管理環境を構築できる上、内蔵のRS-232コンソールポートを即座にネットワークアクセス可能のノードにします。ネットワークを使えば、どこでもTelnetで装置の設定や管理を行うことが可能となります。

 

イン・バンド/アウト・オブ・バンドのネットワーク管理

 

イン・バンドのネットワーク管理とはインターネットなどのネットワーク経由で会社LANやコンソールポート搭載の装置へ接続するため、Telnetを使用することを指しています。CN2510シリーズ・ポートをRS-232コンソールポートに接続したら、特定のIP : portのコンビネーションによりネットワーク経由で装置へのアクセスが可能となります。このような仕組みがあるため、イーサネットまたはワイアレス LANネットワーク上のホストからRS-232コンソールを有する装置の監視及び管理を行うことができるようになっています。

アウト・オブ・バンドのネットワーク管理とは遠隔操作でネットワーク装置にアクセスするために、ダイアルアップまたはISDNラインのような代替パスを使うことを意味しています。ネットワーク故障により、ネットワーク経由で装置へのアクセスが不可能となったりする時に、アウト・オブ・バンドのネットワーク管理が必要となります。また、装置自体が故障した場合も同じく、イーサネットポートやコンソールポートにより、直接にサーバを管理するアウト・オブ・バンドのネットワーク管理手段があります。サーバが故障し、サーバにアクセスするのに最適なネットワーク上の手段が使えなくなった際、RS-232コンソールポートを使うと、サーバへのアクセスが可能となるため、管理者はサーバを再起動や再接続できるようになります。

 

スタンドアローンのRASサービス

 

CN2510はPPP/SLIPダイアルアップポートに対応し、リモートサイトからネットワーク装置への接続を実現します。オフィスから離れていても、会社のサーバ・ルームにある装置をそのまま完全制御できます。

ハードウェアから見れば、CN2510のインストールは簡単で、安全、認証、IPルーティングなどの強力なソフトウェアが既に内蔵されており、管理機能も備わったことで、データセンターやコントロール・ルームにあるターゲット装置の監視や制御をするのに簡単で便利な方法を経営情報システムの担当者に提供します。

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.