ホーム: ホーム >> 製品 >> 産業用無線LAN >>標準無線AP/ブリッジ/クライアント >> AWK-3191シリーズ

AWK-3191シリーズ

産業用900 MHz無線AP/ブリッジ/クライアント

特徴

特長とメリット 

  • 900 MHz伝送による長距離無線通信に対応
  • ポイント・ツー・ポイントおよびポイント・ツー・マルチポイント接続を可能にするAP/クライアントおよびマスタ/スレーブ・モードに対応
  • QoS (WMM) およびVLANで効率的なネットワーク・トラフィックを提供
  • WEP/WPA/WPA2/802.11Xおよび強力フィルタで最大限のセキュリティを確保
  • -40~75℃の動作時温度範囲に対応(Tモデル)
  • 電源およびアンテナ絶縁設計で安定性に優れた動作を確保

製品紹介 

900 MHz無線AP/ブリッジ/クライアントのAWK-3191は産業アプリケーション向け長距離無線通信に対するMoxaの回答です。Moxaは33cmのバンド特性と実証済みの802.11規格を結合させることで、信頼できる長距離無線ソリューションの提供に成功しました。AWK-3191は通常のポイント・ツー・ポイントの900 MHz無線とは異なり、柔軟性に優れ、総保有コストの低いポイント・ツー・ポイントおよびポイント・ツー・マルチポイント通信を可能にするマスタ/スレーブとAP/クライアントの両方の動作モードに対応しています。

AWK-3191は設置しやすいように設計されていますが、外部干渉がある場合に、最適な無線性能が得られるよう900 MHzの中心周波数と帯域幅 (5/10 MHzおよび20 MHz) を調整する機能もサポートされています。

AWK-3191は標準モデルでは-10~60°Cの温度範囲で、広範温度対応モデルは-40~75°Cの温度範囲で動作可能です。また、産業指向設計により、様々な規格と認証に対応しているので、どんな過酷な産業環境にも安心して導入できます。

高度なセキュリティ 

•  SSIDブロードキャストのオン/オフ切り換え
•  WPA/WPA2(Wi-Fi Protected Access)および802.11iに対応
•  IEEE 802.1X/RADIUSに対応
•  MAC/IP/プロトコル/ポート・フィルタリング機能で、より高度なアクセス制限が求められるアプリケーションに対応

産業用アプリケーション対応仕様 

•  指向性アンテナで30 km以上の長距離データ伝送が可能
•  システム接地、ケース接地、アンテナ・システムを完全に遮断する電源および絶縁設計で、不安定な環境要素からの干渉を排除
•  冗長DC電源入力をサポート
•  統合DI/DOでオンサイトの監視および警告に対応
•  設置とアンテナ調整に便利な信号強度用LEDを用意

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.