ホーム: ホーム >> 製品 >> 産業用無線LAN >>標準無線AP/ブリッジ/クライアント >> AWK-3131A シリーズ

AWK-3131A シリーズ

産業用IEEE 802.11n無線AP/ブリッジ/クライアント

特徴

特長とメリット 

  • IEEE 802.11a/b/g/n無線AP/ブリッジ/クライアント対応
  • Turbo Roamingによるシームレスなローミングに対応
  • AeroLinkプロテクションで完全な冗長化を実現
  • アンテナおよび電源の統合絶縁設計
  • -40~75℃の動作時温度範囲に対応(-Tモデル)

製品紹介

3-in-1産業用無線AP/ブリッジ/クライアントのAWK-3131Aは最大データ速度300 MbpsのIEEE 802.11nテクノロジーの採用で、高速データ送信の増大するニーズに対応しています。また、動作時温度、電源入力電圧、サージ、ESD、振動などの業界標準や認証に適合しています。さらに、2種類の冗長DC電源入力対応で電源の信頼性が向上しているだけでなく、PoEから電力を供給できるので、容易な設定が可能となります。AWK-3131Aは2.4または5 GHzのいずれかの帯域で使用可能で、既存の802.11a/b/g 対応デバイスとの下位互換性も維持しているので、これまでの投資が無駄になることはありません。

高度なIEEE 802.11n対応産業用無線ソリューション

  • 柔軟な設定を可能にする802.11a/b/g/n対応AP/ブリッジ/クライアント
  • 外部高ゲイン・アンテナのよる長距離(LoS、1 km)無線通信に最適なソフトウェアをサポート(2015年Q4に対応予定)
  • 60のテスト済み同時クライアント通信で最大100のクライアント・アソシエーションに対応(APモード)
  • 既存の無線インフラや干渉に影響されないより広範な5 GHzチャンネルの選択が可能なDFSチャンネルに対応

高度な無線設定 

  • AP間の150 ms以下のローミング復旧を可能にするクライアント・ベースのTurbo Roaming機能によるシームレスなローミングを提供(クライアント・モード)
  • APおよびクライアント間で冗長無線リンク(復旧時間300ms以下)を構築するAeroLinkプロテクションに対応(クライアント・モード)

産業レベルの堅牢性

  • アンテナおよび電源の統合絶縁設計で外部の電気的干渉を遮断する500 Vの絶縁保護を提供
  • Class I Div IIおよびATEX Zone 2認証に対応した危険場所向け無線通信機能に対応(2015年Q4に対応予定)
  • 厳しい環境でスムーズな無線通信を提供する-40~75℃の広範温度対応モデル(-T)を用意

© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.