オートメーション業界では、数千万個のセンサー、ゲージ、PLS、カードリーダーは、コントロールネットワークを形成するために接続することが必要で、情報システムのため管理データを提供していかなければなりません。その機器を接続するために最も広く用いられているインターフェースは、 RS-232、RS-422/485です。

 

近頃では、イーサネットやインターネットのようなネットワークのシステム基盤は、オートメーション業界で広く認知を得るようになってきました。この傾向は、強まる方向にあり、機器を制御するためにTCP/IPやイーサネットのようなオープンテクノロジーを採用しています。機器メーカーも機器ユーザーも、イーサネット/インターネットに機器を接続するそのための簡潔なソリューションを求めています。

 

MOXA NPort Expressは、まさに、その"簡潔"なソリューションなのです。イーサネット/インターネットと共にRS-232/422/485 インターフェースをもつ従来の機器を接続するひとつの方法を提供してます。

 

各シリアル機器をインターネットへの接続対応にする方法 "簡潔姓"

 

 シリアル機器をネットワーク対応機器へ変えることは、CPU, DSP, TCP/IP プロトコル, さらにリアルタイムOSの要求するその開発と統合化を考慮しながら多くの時間と労力を費やすことになります。しかし、いまや、TCP/IPやイーサネットに余分な人的パワーを投資する必要はありません。MOXA NPort Expressは、シリアル機器の持つRS-232/422/485ポートをそのまま利用しながらインターネット接続対応機器にするという当たり前のソリューションを提供しているのです。

 

  • ドライバーのアクセス
    NPortのネイティブな COM driverを使うことで、NPort ExpressのシリアルポートをリモートのCOMポートとみなして設定できます。この場合、ソフトウェアまたは通信オブジェクトプログラムを修正する必要ありませんし、このソリューションは、Windowsのプラットフォーム全てに対応し、ドライバーのある Linux/Unix(固定tty)システムにも対応しているので、NPort Expressのシリアルポートと一緒に、即、使用できることになるのです。

 

  • ソケットへのアクセス
    これは、NPort Express の特有なTCP ポート経由して、シリアルデータをアクセスするために TSP/IPのソケットを使用するということです。このソリューションは、TCP/IP接続するどのシステムにも対応してます。