ホーム: ホーム >> アプリケーション >>ビル・オートメーションおよびセキュリティ

出席記録システム

業種 ビル・オートメーションおよびセキュリティ
関連製品 MiiNePort E1 シリーズ
概要 MOXA NE-4000T組込み型ネットワーク・イネーブラー入出管理システムのアクセスをネットワーク時代へ
お問い合わせ

プロジェクト紹介


出席記録システム

 

‧導入製品: NE-4000T 
‧国: インド
‧導入先: Fortuna Impex Pte Ltd.

 

MOXA NE-4000T組込み型ネットワーク・イネーブラー入出管理システムのアクセスをネットワーク時代へ

 

Fortuna Impex Pte Ltd.は工業アプリケーション向けのマイクロプロセッサベースのシステムを専門にしています。最近、企業領域をさらにアクセス制御システム分野に広げ、最先端製品のデザイン及び生産に携わり始めました。

 

バーコード技術を採用した出席記録システムがFortuna Impexが主な製品です。バーコード技術は非接触センシング、高MTBF、耐久性、簡易製造などの利点を持ち、競争力を高めます。さらに、特定地域へのアクセスを制限することにも対応できます。

 

Fortuna Impexの新しいゲートウェイ2000チップはバーコード・リーダ、PIN入力用タッチパッド及び指紋認証装置を組み合わせた時間及び出席システムです。承認なしの人員が限定地域へのアクセスを防止する簡単な認証方法を実現しています。この製品はRS-232インターフェースを通して、バーコード、PIN及び指紋データをホストコンピュータに伝送します。しかし、RS-232接続はデータを正確に伝送する距離を最大15mまでしか保証できないことにより、ホストコンピュータの設置場所も大きく制限されています。

また、より複雑な入出システムを構築するために大量のカードリーダが組み合わされることとなる場合、もう一つの問題が生じます。それに対する一つのオプションとして、各装置の近くに一台のPCを設けるシステムを開発するアイデアでありますが、PCの購入費用によりアイデアが実施できなくなりかねないのです。また、もう一つのオプションはRS-232/RS-485コンバータを使い、伝送距離を延長する方法ですが、配線コストが高いほか、RS-232信号がRS-485信号に変換される時の低速さに対する苦情もよく出ています。

 

この問題を解決するのに、Fortuna ImpexはMoxaのNE-4000T組込み型ネットワーク・イネーブラを導入し、低価格のRS-232-イーサネット・ソリューションを作成しました。イーサネットを使うことで長距離の伝送が可能となったため、イーサネット・コネクタもどこでもインストールできるようになります。Fortuna Impexのお客様が数十台または数百台の時間・出席システム装置を一つの大きなシステムに統合することもできます。バーコード、PIN、指紋認証装置からのシリアル信号が全システムを制御する中央のコンピュータに伝送されることが簡単に実現します。

 

総合メリット:

‧RS-232信号を任意のネットワークホストに伝送
‧一つの中央PCで数個のRS-232装置を制御可能


© 2018 Moxa Inc. All rights reserved.