ホーム: ホーム >> 会社情報 >> 沿革

沿革

1987年~1992年: 機会の見極め

Moxaは1987年に設立され、当初はシリアル通信の分野で産業界のお客様を支援するコンサルティング・ビジネスを提供していました。費用対効果に優れたシリアル・カードに関心を寄せるお客様が少なくなかったため、Moxaは1988年に8ポートの高機能シリアル・カードであるC108をリリースしました。C108の成功で、Moxaはデバイス・ネットワーキング・サービスに全注意を傾けるようになり、高い評価を受けた他のシリアル・カードの生産を開始しました。事実、Moxaの初期のモデルの1つであるC218は現在でも販売されています。

重要な沿革
1987 会社創設
1988 8ポート・シリアル・ボードC108をリリース
1990 FAXモデム・カードをリリース
1991 ラックマウント・モデム・プールをリリース
1992 統計的多重装置(MUX)をリリース
  HDLC/BSC同期フロントエンド・ボードをリリース

1992年~1998年: 国際的成長

1992年までに、Moxaは海外で機会を求めるようになり、CeBitなどのグローバルな見本市に出展してブランドの確立に乗り出しました。1995年には、グローバルな流通チャンネルを構築し、中国に最初の支社を開設しました。一方、Moxaのシリアル・ボード技術の開発はWindows 95の普及といった世界市場のトレンドに歩調を合わせて続けられました。

重要な沿革
1993 - 非同期サーバをリリース
1994 - WAN用X.25ボードをリリース
1995 - 中国支社を開設
- Byte誌が非同期サーバを「ベスト・コネクティビティ製品」にノミネート
1996 - シリアル・ボード用高機能ASICチップの開発に成功
1998 - PCommシリアル通信ソフトウェアをリリース
- インターネット共有デバイスをリリース
- シリアル・ボード・ドライバのWindows 95/NT認証取得

1998年~2002年: イーサネットの発展

イーサネットがコンピューティングとネットワーキングの性質が変えるようになったので、Moxaは可能性のある産業用アプリケーションの詳細な研究を開始しました。1998年には、リモート・シリアル・デバイスのネットワーク・ベースの信頼できる制御を提供することによって新しいアプリケーションの構築を可能にした非同期デバイス・サーバをリリースしました。また、拡大する北米市場に対応するため、米国カリフォルニアに支社を開設しました。Moxaのデバイス・サーバの製品ラインは大きな成果をもたらし続けています。受賞対象製品となったNPortシリーズは最初の非同期サーバの血統を直接受け継いでいます。

重要な沿革
1999 - 小型フォームファクタ採用PCIシリアル・ボードをリリース
- 最初のNPortシリアル・デバイス・サーバをリリース
2000 - CN2500非同期サーバをリリース
- オンパネルLCD搭載デバイス・サーバ
- Linux用シリアル・ボード・ドライバの開発に成功
- Windows 2000認証取得
2001 - Windows XP用シリアル・ボード・ドライバの開発に成功
- シングル・ポート・デバイス・サーバをリリース
- 専用線用T1/E1シン・ルータをリリース
- ネットワーク電源スイッチ・サーバをリリース
- 産業用イーサネット・スイッチをリリース
- カリフォルニアに支社を開設
2002 - プログラマブル通信ゲートウェイNPort 4511をリリース
- マネージド・イーサネット・スイッチをリリース
- シリアル-光ファイバ・コンバータをリリース
- Universal PCIシリアル・ボードをリリース

2002年~現在: ワールド・クラスのビジョン

Moxaは2002年以来、毎年約30%の割合で成長し続けています。ヨーロッパに支社が開設され、Moxaの製品ラインはマネージド産業用イーサネット・スイッチ、組込みコンピュータ、産業用無線ソリューションを包含するまで拡大されてきました。


20年間で、Moxaは小規模のエンジニアリング統合会社から60カ国以上でサービスを提供する年商数百万ドルの企業に変貌を遂げてきました。多様な種類のメディアを使って産業用デバイスを接続することに特化した200種類以上の製品を提供しているMoxaは、産業用通信の分野のトップ・ブランドの1つになっています。

重要な沿革
2003 - Moxa財団を創設
- Moxaテクニカル・サポート認証(MTSC)創設
- ターボ・リング冗長ネットワーク構造の開発に成功
- PC/104シリアル・ボードをリリース
2004 - ビデオ・サーバをリリース
- 組込みコンピュータの製品ラインをリリース
- デュアル・イーサネット・ターミナル・サーバをリリース
2005 - ヨーロッパ支社をドイツミュンヘンに再設立
- 組込みIPC(産業用コンピュータ)の開発に特化したMOXA System(易力科技)を設立
- イーサネット・スイッチのEDS-508が「Control Engineering」誌の「Editor’s Choice」賞を受賞
- 無線データ収集ポートのAWKシリーズをリリース
- 自動化サーバ・シリーズのioLogik Ethernet I/O製品をリリース
2006 イーサネット・スイッチのEDS-726がドイツの「iF Product Design」賞を受賞
- モバイル型イーサネットI/Oサーバが「Control Engineering」誌の「Engineer’s Choice」賞を受賞
- 無線デバイス・サーバのNPort W2004が「Industrial Engineering News」誌の新製品賞を受賞
- USB-シリアル変換シリーズのUPort製品をリリース
- 組込みIPCのThinkCore DA-660シリーズをリリース
2007 - 世界最速のネットワーク復旧技術Turbo Ringの開発に成功
- IP68/67規格対応の無線ネットワーク・ブリッジおよびAPクライアント装置をリリース
- 産業用モバイル・ネットワーク・モデムのOnCellをリリース
- ポイント・ツー・ポイントI/OサーバのioMirrorをリリース
- Modbusゲートウェイをリリース
- 無線組込みコンピュータのW315が「Control Engineering」誌の「Engineer’s Choice」賞を受賞
2008

- フランス・パリにオフィスを設立
- 104人材バンクによる「2008年の幸福な職場人」のネットワーク投票で「幸福を感じる企業」に選出される
- イーサネット・スイッチのPTシリーズの全製品が世界で初めてIEC 61850-3およびIEEE 1613検査に適合
- モジュール型イーサネット・スイッチのEDS-728が日本のグッドデザイン賞を受賞
- 世界最初の産業用トライバンドIPモデムOnCell G3110/3150-HSDPAをリリース
- 組込みコンピュータのW345が「Control Engineering」誌の「Engineers' Best Choice」賞を受賞

2009 - ドイツ語の公式サイトを開設
- DA-681がラック型組込みコンピュータとして世界で初めてIEC 61850-3認証に適合
- モジュール型イーサネット・スイッチのEDS-619が日本のグッドデザイン賞を受賞
- 鉄道アプリケーションの垂直市場に対応したEN 50155規格適合産業用イーサネット・スイッチをリリース
- MiiNePort E1が「ke」誌読者による「Product of the year」賞を受賞
- GPRSリモート監視向けオールインワン型無線RTUをリリース
- イーサネット・スイッチのPT-7828がドイツSPS誌読者による「Trend100 Products」賞を受賞
2010 - インド支社を設立
- フランス語の公式サイトを開設
- イーサネット・スイッチのPTシリーズの全製品が世界で初めてIEC 61850-3およびIEEE 1613検査に適合
- 産業用イーサネット・スイッチ製品がGL、ABS、LR、NKといった船舶用認証を取得
- 最初の船舶専用コンピュータのMC-4510-C23をリリース
- EN 50155規格に対応したTN-5518適合車載イーサネット・スイッチがドイツの「iF Product Design」賞を受賞
- 変電所通信の高度な要件に適合したIEC 61850-3対応ギガビット・イーサネット・スイッチをリリース
- PoEおよび鉄道車両アプリケーション向けEN50155規格適合イーサネット・スイッチをリリース
2011

- EN 50155適合車載用ネットワーク・カメラのVPort-16-M12がドイツの「iF Product Design」賞を受賞
- 産業用ネットワーク・セキュア・ルータのEDR-G903が「Control Engineering」誌の「Engineers’ Choice」賞を受賞
- 極端な環境に対応した産業用ネットワーク・ビデオ・レコーダのMxNVR-IA8をリリース
- 船舶アプリケーション向けの最初のECDIS認証適合船舶専用パネル・コンピュータのMPC-122-Kをリリース


© 2017 Moxa Inc. All rights reserved.