データ通信を中断させない

シリアル通信を中断させる原因は目に見えないので、
システムが以下の厳しい障害を乗り越えられるかどうか
急いで検証してください:

サージ/スパイク

サージやスパイクは回路の電位の瞬間的な過渡現象です。通常は落雷や電源異常によって発生します。予期しないサージはデリケートな電子機器の故障の原因となります。この問題を避けるには、シリアル機器を損傷から保護するサージ・プロテクタを使用できます。

サージ/スパイクに起因する損傷を回避するには サージ・プロテクタ を使用する

ESD

(静電放電)

ESD (静電放電) は接触、短絡、絶縁破壊などによって生じる2つの電荷物の間の瞬間的な電気の流れです。ESDに起因する予想外の激しい電気スパークはデリケートな電子機器の故障に原因になるので、帯電防止機器の使用は必要不可欠です。

ESDを回避するには アイソレータ を使用する

グラウンド・ループ

多くの電気システムの接地線は、システム管理者が装置の操作時に感電するのを防ぐため地面に接続されています。ただし、接続されているデバイスの間の地電圧が異なると、接地線を流れるグラウンド・ループに起因する障害が全体のシステムに影響を与える場合があります。この問題を回避するには、データ回線と接地線がいずれか一方の端で接触するのを効率的に回避することでグランド・ループを抑える光学絶縁を使用します。

グランド・ループを防ぐには 絶縁対応のモデル を使用する

距離制限

シリアル通信のデータをエンコードするのに使用される電圧レベルは、シリアル・ケーブルの長さが長くなるほど弱まります。標準的なシリアル・ポートでは、RS-422/RS-485リピータがこの制限を克服する最善のソリューションとなります。RS-422/RS-485リピータはデータ信号と制御信号に個別の電圧回線を使用することで、通信距離を最長1200メートルまで延長できます。また、1組のリピータは32台までのシリアル・デバイスに対応できます。

距離制限の問題を解決するには RS-422/RS-485リピータ を使用する

EMI

(電磁干渉)

EMI (電磁干渉) は、電気回路、太陽、極光など、電流の頻繁な変化を発生させる物体に起因する一般的な電気的ノイズです。最悪の場合、EMIは回路の実行性能を低下させたり、データ損失の原因になったりすることがあります。一方、光ファイバ・ケーブルは電流ではなく、光を使って信号を送信するので、電気信号がブロックされるようなEMIの強い場所にも信号を送信できます。また、光ファイバ・ケーブルは電気を通さないので、スパークの危険も排除できます。したがって、光ファイバは1つの小さなスパークが大爆発の原因になりかねない化学工場や精油施設に最適なソリューションとなります。

EMIの問題を解決するには シリアル-光ファイバ・コンバータ を使用する